その他のリバーランズ角川キャンプは下記からご覧下さい。
2017年11月3日 2015年10月17日 2014年6月7日 2013年4月20日 2012年11月23日 2012年4月21日 2011年4月22日 2010年4月17日
2009年11月28日 2009年4月18日  2008年11月24日 2007年12月31日 2007年3月30日 2005年5月28日

こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ  ブログはこちらからどうぞ
  リバーランズ角川(No,12) 2014年6月7日(土)〜8日(日) 



AM6時00分出発 AM9時00分到着
天気:7日晴、一時雨 8日晴


tの高校受験、高校入学直後からの試験、隔週の土曜授業、部活、そこに私達親の仕事、それらが上手く噛み合って連休が取れるのは希なことになりました。

そんな訳で10ヶ月ぶりのキャンプは、梅雨入り宣言直後の怪しげな天気予報でしたが、多くの年が梅雨入り宣言直後は晴れていることに期待し、リバーランズ角川に行ってきました。



設営後の一時、そろそろ雨の予報の時刻ですが、降らずに保っています。



釣りはもちろん欠かせません。
でも、適度にのんびりしながら釣っています。
釣果は2日間で4匹ですが、釣っていた時間が短いので、それなりに納得しているようです。



ここ数年、食事に関してはかなり手抜きになっていますが、今回は特に手間を掛けないメニューです。
お昼は流水麺のソバに、刻んで売っているネギ、天かすです。



ここに来るのも12回目ですが、6月は初めてのことで、ウツギが咲いているのは初めて見ました。
そして、地面のあちこちにウツギノヒメハナバチの巣が見られました。
キャンプ場のオーナーさんのお話では余程のことがないと刺すことはなく、大人しい蜂らしいです。
地中にいる幼虫にウツギの花粉と蜜を運んでいるそうです。



明るい緑の葉が綺麗でした。



夕食はお湯を沸かして、レトルトのシチューを温め、ハムとレタス等の野菜(工場でカットしてあり洗わなくて食べられます。自宅から10分ほどにある野菜工場の製品で、使われている野菜それぞれの産地も明記され、すべて国産で安心して食べられます。)、クルミ入りのパンです。
お湯を沸かす以外は盛りつけるだけなので、お腹が空いてから準備してすぐに食べられます。
貴重なお休みの貴重な時間を最大限のんびりするのは最高でした。

ほとんど手間を掛けない食事は家族3人が賛成で、今後も、できる限りゆっくりできる時間を増やしたいと思います。



食後もゆったり時間が流れます。

前日の予約時には、ホタルにはまだ早いと聞いていましたが、夜にはホタルが見られました。
数は個体数で10匹程度だと思いますが、川の周辺、池の周辺など結構広範囲を飛び回っていました。
ホタルの名所のように、行き帰りの渋滞、人の多さなど、不快なことが多い鑑賞に比べ、静かなキャンプ場で見られるのはすごくいいです。
ピークの時期はどの程度飛ぶのか知りませんが、梅雨時期、運が良ければ静かに楽しめます。


2日目




朝5時起床、外に出ると池の対岸付近の水面に何かいます。
カメラを持ってそっと近づきましたが池の半分も歩かないうちに飛び立ってしまいました。



まだ明るくなりきっていない、朝の一時です。

このころから池沿いの山で、倒れた竹が滑り落ちるような音がしていました。
前日猿を見かけたのでこの朝も猿かと思っていましたが、シカだったようで、明るくなってから親子のシカが斜面を上がっていくのを見かけました。
鳴き声はよく聞きますが、姿を見たのは初めてです。



朝はもともと手抜きのいつものキャンプとそれほど変わりません。
ハムと卵を焼きました。



ブログにもアップした動画です。
3人とも昼寝をしたり、ゆっくり流れる時間を楽しみました。
今回のキャンプではこれを撮るのが私の一番の目的でしたが、自作の機材がまだまだ改良の余地があり、時々上下に揺れるのが気になります。

顔のぼかしはYouTubeの機能を使っていますが、完璧には無理なようです。
少し長いですがよろしかったらご覧ください。




今回はtの希望で、早めに撤収、琵琶湖周辺のどこかに行くことになりました。
私としてはお昼過ぎまで何もしないで過ごしたいのですが、10時半ころキャンプ場を後にしました。

長浜に行きましたが、何も下調べがしてない上、駐車場はどこも混んでいるため、車から降りる気にもなれずうろうろ、やはり下調べしてゆっくり来るべきです。
チャンスがあればガラス細工の体験もしてみたいです。

帰りは少し逆戻りして、伊吹山の麓にある薬草湯「伊吹薬草の里文化センター」に行ったのですが、イベントのため駐車場が満車、諦めて再び10kmほど逆戻り、結局あねがわ温泉に入り、おやつか夕食か分からないような早めの時間でしたが、モスバーがに寄ってから帰宅しました。



最後までお読みいただきありがとうございます、他の内容もぜひこちらからどうぞ

リバーランズ角川
滋賀県高島市今津町角川622
TEL0740−24−0911




お断り:キャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。


その他のリバーランズ角川キャンプは下記からご覧下さい。
2017年11月3日 2015年10月17日 2014年6月7日 2013年4月20日 2012年11月23日 2012年4月21日 2011年4月22日 2010年4月17日
2009年11月28日 2009年4月18日  2008年11月24日 2007年12月31日 2007年3月30日 2005年5月28日

ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2005-2017, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.