こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ
 大津谷公園キャンプ場 2005年11月26日(土)〜27日(日)

その他の写真

8時10分出発
天気:26日晴、27日晴、時々曇
2日間の最高気温13度 最低気温5度
メンバー:N君Nmさん、K君(夕食のみ参加) 私 m t

今回は10月15日に下見(日記あり)した“ 大津谷公園キャンプ場 ”に行く。“こちらにも情報があります

N君夫妻と家を出発したのが8時10分、現地のスーパー(川口屋)に40分後到着、お店が開く9時まで待ち、買い物をする。
店の駐車場を出て、5分後にはキャンプ場到着で、正味家から45分、土曜の朝で、下見してあるのですごく早い。(川口屋駐車場西側信号を西に真っ直ぐ行くとキャンプ場)

さっそくキャンプ場を見て回るが、今のところ人影はなく、道路脇の駐車スペースに近く、トイレ(写真後ろがトイレ)から一段下の広めのスペースに決定。ここは段々畑のように各サイトが作られ、道は舗装されている。

3区画の中間の広い場所に私たち、その下にN君たち、一番上は木が植えられ、テント1つがやっとの広さなのでこの時期入る人もいないだろうとのことで、ちびストーブを中心に食卓スペース。
贅沢に使わせていただく。

今回は台車を持参したが、台車を使えるのは道路から小さな谷状の地形を越え、舗装してあるサイトの間の道路のみ。少々荷物運びが大変だ。仮に一番上にある駐車場を使うと水場を通り越しかなり距離がある。

しかし、場内は綺麗に清掃され、芝生もほとんど禿げていない。これが無料だとは驚きだ。
最上部には砂防ダムがあり、最下部の公園的なスペースとダムの間に作られたキャンプ場らしい。(下部の公園内もキャンプ可)

最下部の公園にはバーベキューコーナーも有り予約すれば使うことができる。
雪が降りそうな場合は、上部は道路が急坂なのでこの下部の方がいいかもしれない。

荷物をほぼ運び終わった頃、車が10台近く到着したが、上の水場あたりでバーベキューらしい。

設営も9割ほど終わり、遅めのお昼ご飯は、朝の残りのパンとおにぎりとカップラーメンで簡単に終了。

横を流れている川を見ると、流木があるので、少々薪集め、薪はたっぷり持ってきたが、拾うことが出来れば貴重なストックを減らさないで済む。

そのころ、小学生程度の子供が2人、テントのすぐ横を駆け回り、言葉が通じそうもないので注意しないでいたが、鉈を使っている私の背後から平気で近づいて来る。しかたなく大きな声で注意するしかなかった。


お昼を食べ終わりしばらくした頃、ご夫婦らしいカップルが到着、設営前にに挨拶していただき、「犬が3匹いるのでうるさくてご迷惑をかけます」とのこと、どのキャンプ場でも挨拶されることが少なく、こちらから挨拶しても「何?」といった顔をされることさえあるなかで、嬉しくなりました。
ワンちゃん3匹、吠えてうるさいどころかとても静かで、我が息子の方が回りをちょろちょろして遙かにうるさかったと思います。
また、風が夕方からその方たちの方に吹き始め、ストーブの煙でご迷惑をかけたのではないか思います。
犬連れで嫌だなと感じる飼い主もいるなかで、“もっと吠えていいよ”と思える爽やかな方たちでした。


いろいろな事が一段落したころ、K君が到着。
人数が増えたので、男3人でもう一度薪拾い、1〜2時間分の薪が集まった。

Nmさんとmが夕食の下準備をする頃、私もやっと一息、tはいつものようにみんなに遊んでもらい、特に今回はN君に付きまとっている。

このキャンプ場は、東に向かって開けた谷のため、到着したころから太陽は山すれすれ、昼になり少し太陽が除くだけで夕方は早々と寒くなる。
そのため、早めに火を燃やしているが、夕食はちびストーブを囲んで食べるのでストーブの回りを囲んだ状態になるメッシュのテーブルをセットする。メッシュのテーブルは今回初めての使用で、ストーブの回りで食べるのが楽しみだ。

今回、ストーブがあるのでコタツはあまり活躍しなかったが、Nmさんと、m、tでのトランプは暖かくて居心地良かったらしい。

夕食は、豚肉、キノコ類、白菜、ネギ、ソーセージ(tが喜ぶので入れるが、大人にも好評)とここまではごく当たり前だが、ここからがポイント、赤味噌を塊のまま炭火とバーナーで表面が焦げるまで焼く。
それを、ステンレスのザルに入れ、和風だしを入れたところに溶かす。(そっと溶かさないと炭粒だらけになるので注意)
後は普通に食材を入れ、食べる直前にごま油を表面に層ができるほど多めに入れる。(2回目、3回目に食材を入れるときはごま油は入れない方がくどくならなくていい)
室内で作ると味噌が焦げた匂いで大変なのでアウトドアで寒いときに最適だ。七味唐辛子をかけて食べるが、ごま油の香りと味で温まる。

今回、ストーブの熱で食器が熱くなるのでコレールは不安、そこでステンレスの食器を使ったが、当然熱くて持てないので手袋や軍手をして食べたが、特にtは汚すので、子供用の小さな軍手を使用した。(木製のお椀が最適です)

食後は、ストーブの燠を焚き火台に出してマシュマロ焼き、燠だけで焼いたマシュマロは表面がかりっとして中がとろとろ、特に美味しかった。

その後、tを寝かせて、大人だけのティータイム。空は快晴でよく見ていると“すばる”周辺で小さな流れ星をいくつか見ることが出来た。


2日目
朝起きると5時半、夜中に僅かだが雨の音がしていたので心配だったが、外に出ると霞んでいるが星が見えている。

川向こうの山でキューン、キューンと何かの鳴き声が聞こえる。
ストーブに薪を入れ、火を付ける。私1人の静かな時間だ。

徐々に明るくなり、天気も良さそうだ。地元の散歩らしき方が通りがかり、鳴いているのはシカだと教えていただいた。

いつもだと6時から7時には起きてしまうtがまだ寝ている。
珍しく寝坊していて心配したが、ただよく寝ただけらしい。

朝ご飯は昨日の残りに白菜とご飯、焼いたお餅、最後に卵を入れ、雑炊にした。
一泊だとあっと言う間に終わってしまう。遅い朝ご飯だったのでそろそろ撤収開始。

tは相変わらずN君に遊んでもらい、帰りも近い頃には長靴を履いて水遊び、寒くても冷たくても水があれば遊びたいようだ。
tが沢ガニに死骸を拾ってきたので、捜せばいるのだろう。自宅から45分で来られる所なのにシカや沢ガニ、まだ豊かな自然があって嬉しくなる。

ほぼ撤収が終わり、昼ご飯はサンドイッチ。
最後の小物を運び終わったのが2時30分頃、カップルの方のサイトにお礼を言ってキャンプ場を後にした。

その後、キャンプ場から5kmほどの所にある“池田温泉”に向かうが、途中、霞間ヶ渓公園(かまがたに)の入り口を通る。もみじが真っ赤に紅葉し、イチョウも吹雪のように散って綺麗だった。

温泉は肌がつるつるして気持のいいお湯で、料金は大人500円、子供300円です。
こちらにも情報があります
そして、最近恒例の回転寿司経由で帰りました。


最後までお読みいただきありがとうございます、他の内容もぜひこちらからどうぞ


その他の情報及び、感想

岐阜県揖斐郡池田町願成寺地内


池田町ホームページ

中央の道を挟んで下部の公園風の場所はバーベキューコーナーがありますが予約が必要です。
キャンプは下部も上部もどちらでも出来ます。(池田町役場 産業課 商工観光係に確認済み)
水場は池田町の上水道です。生で飲めますが、心配な方は加熱して下さいとのこと(池田町役場 産業課 商工観光係に確認済み)
草地、舗装路での直火禁止です。キャンプサイトはすべて芝生だと思った方がいいです。焚き火台やバーベキューコンロがあれば問題ありません。(池田町役場 産業課 商工観光係に確認済み)
今回ゴミを燃やしている人を見かけましたが、ゴミは全て持ち帰りです。

今回の上部の芝生のサイトは綺麗ですが少々固いです。金属製のペグをお勧めします。
太陽が低い季節は日があまりあたりませんが、夏は暑そうです。

それほど多くのスペースがあるわけではないので、暖かいシーズンは混むこともあるでしょう。
駐車場からサイトが遠いと大変なので荷物は減らした方がいいです。
ただし、あるホームページにも書いてありましたが、水場付近は大人数のバーベキューが多いようで、離れた方がいい、といった情報もあります。

共有スペースの使い方、子供の監督方法、このキャンプ場に限ったことではありませんが、みんなが快適に、事故のないよう過ごすためにも、考えてほしいですね。

今回の私たちは、キャンプのカップルの方が感じがよくて幸いでした。設備も大切ですが、その時巡り会わせた方によっても印象が大きく変わるのも確かです。

荷物運びが大変なことを除けば、綺麗に整備され、無料とは思えないキャンプ場です。
ただ、無料だけに、色々な利用のされ方をするでしょうから注意が必要です。


最寄りの救急指定病院

揖斐総合病院
岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪2547-4 tel.0585-21-1111
【 内科 外科 小児科 整形外科 脳神経外科 眼科 産科 婦人科 皮膚科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 リハビリ科 放射線科 精神科 神経科 麻酔科 歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 人工透析 救急 】


揖斐警察署
揖斐郡揖斐川町上南方4−5
電話番号 0585-23-0110



お断りキャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は載せておりません、お調べ下さい。
緊急に備え、救急病院、警察署の情報を載せてありますが、実際に電話をかけて確認したわけではありません、電話等が必要な方は再度確認の上、お出掛け下さい。


ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2005, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.