こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ
奥伊吹キャンプ場 2002年7月5日(金)〜7日(日)
パノラマ写真はこちらから

AM6:00発(天気は曇)岐大バイパス、関ヶ原経由、奥伊吹AM7:55着。
今回の“奥伊吹キャンプ場”はAM8:00からチェックインできるのでさっそく受付を済ませる。
私たち以外に予約はないそうで取りあえずきょうは貸し切りのようだ、ここは元々スキー場として営業しているので殆どが傾斜地で他にお客さんのいない状態で場所を決められるのはありがたい。

ここはスキーの時期、仕事で20〜30回おじゃましているので大体の地形はわかっている、しかし見当をつけた場所を見てびっくり、草の上、木の上に毛虫がうようよ、黄緑色をしたクスサンの幼虫で10cm近くある、後で話を聞くと今年は異常発生らしい、もう少しすればさなぎになってしまうが、今はとにかくすごい。
不幸中の幸いは食べる木の葉の種類がある程度決まっているので、いない場所があることだ、平地で一番良さそうな場所は諦め、少し傾斜地だが毛虫がいない所に設営することに、水場とトイレが遠いので車で移動することになりそうだが、そのかわりここは景色が一番よいようだ。

地図にも書いたがキャンプ場の上部でスキー場の工事をしているので前の道を工事用の重機が時々通る、普通なら迷惑なのだがtが大喜びで何か通る度にタープの下から飛び出し見学している、時々手などふってもらっていたようだ。工事そのものはそれほどうるさいわけではないので、これはこれでよかったようだ。

今回の天気予報は6日は雨なのでタープの下にテントを張り雨仕様、風も強くなる可能性があるのでタープのサブポール4本もロープ2本づつにし、ペグダウンも念入りにした。
ここの地面は花崗岩の風化した土のようで雨で表面の土が流れると花崗岩の細かな砂利が表面に現れ白く見える、草が生えていないところも気持ちのいい地面だがペグはスノーピークのソリッドステークに限る、30本近いソリッドステークを使ってしまいアルミペグを使うと曲がってしまうし、丸棒状の鉄製ペグは刺さるが回転するのですぐ抜ける、プラペグは持って行っていないので試していないが刺さらないだろう。ソリッドステークの上部のデザインは回転防止、抜きやすさと、すばらしい。何しろ2ルームテントはペグダウンする箇所が多いのでソリッドステークをまた追加しよう。

設営中、mとtは散歩を兼ねレストハウスのトイレまで行ったようだが、坂道なので帰りが大変らしい、tは勝手なときは走り回るが、歩きたくないと抱っこを要求する。

設営後3人で水をくみに行くがポリタンを引いていても重い、結局2回目からの水くみとトイレは車になった。

今日のお昼はホットケーキを焼きのんびりしたが、わずかな傾斜だと思った地面もいざ椅子に座ると結構気になるものだ。
今回から食器がコレールなのでバターなど油が付いても簡単に落ちてすごく嬉しい。

明日はきっと雨なのでパノラマ用の写真や記念写真を撮る。

tは遊んでいるうち眠くなり、テントに入って寝てしまった、滅多にないチャンスなので1時間ほどのんびりし3時半過ぎにお風呂の準備をしてロッジに車で移動。
ロッジ近くの釣り堀は、よくあるニジマスではなくイワナが入っており、沢の水が常時入れられているので見るからに元気そう。tはまた奥飛騨の時のように釣りたそうだが食事のメニューに入れてないので今日はやめておくことにした。

奥伊吹はスキーがメインなのでシャワーの設備がない、その代わりロッジのお風呂が午後4時から7時30分まで300円(5才以上)で利用できる。今回も他にお客さんがいないため家族風呂で利用できた。

お風呂を済ませ、夕食の準備、チキンとポテトのチーズ焼き、サラダ(レタス、アスパラ、パプリカ、ドレッシングはオリーブオイルと バルサミコビネガー)、ご飯のメニュー。
一口大に切ったチキンに塩とローズマリーを揉み込みしばらく置き、オリーブオイルで焼く、一度フライパンから取りだし、チキンから出た油を捨てる、薄切りにしたポテトを焼き、ポテトの上にチキンを戻す、とろけるチーズを乗せ、バーナーで表面を焼き、出来上がり。比較的簡単で美味しかった。

食器を洗い帰ってくるとmがtの足の裏に棘が刺さったと言っている、ルーペで見ると皮膚の中に埋まってしまった黒い物が見える、先の尖ったピンセットで取ろうとしても埋まってしまっているため取れない、皮膚の中にピンセットを差し込むようにしても取れない、tはかなり痛がっている、mと私の「痛いけど我慢しなさい」という声でなんとか我慢している。
普段、叱っても言うことを聞かないが、こんな時はほんとに我慢強い。
ポイズンリムーバーで吸っても、五円玉の穴を押しつけてもダメなので、カッターの刃の先端で引っかけてみる、少しずつ棘に刃を引っかけて最後はピンセットで取ることができた。
tはほんとによく我慢した、消毒してアンパンマンのバンドエイドを貼り一件落着。
tに痛くないか聞くとアンパンマンが治してくれているから大丈夫だそうだ。よく我慢したご褒美に明日釣り堀でイワナ釣りをさせてやろうと思う。

夜中の風や雨に備え、荷物を整理し、tを寝かせたたいが昼寝をしたtは寝る気配なし、時々強い風が吹くのでせっかく直火OKだが焚き火もできず私たちも寝ることに、tは私たちが本気で寝る気になれば寝るだろう。

9時半過ぎ、tは寝たがさすがに早すぎて眠れない、それに時々吹く風も気になる、mも私も1度は外へ出てみたが、焚き火をするには風があり、空気が湿っぽく雨もそのうち降りそう、10時くらいにやはり寝ることにした。


2日目
朝5時、目を覚ますと雨らしき音が、すぐ横に沢があるのでよくわからないが、しばらくして外に出ると少し降って止んだところらしい。テントとタープを点検し異常がないのでもう1度寝ることにする。

6時半ころ起き、朝御飯を準備しているとやはり雨、今日は1日こんな天気だろう。
朝のメニューは目玉焼き、レタス、フランスパンそのままと、焼いてチーズをのせたもの、マーガリン、ジャム、ジュース。

雨が降っており時々風も吹く、tはしばらくは玩具等で遊ぶが動き回れないので悪戯が激しい、午後からはK君が合流するのでそのころには止んでほしい。
ここに到着してからずーっとウグイスが鳴いている、私やmが双眼鏡で覗いていると見たがるがtにはまだピント合わせ等の意味がわからない、結局それも飽きてしまう。

キャンプ場の下の村に物産館らしき建物があるので見に行くと天気は晴れ、道路も乾いている、雨は山だけのようだ、特に買う物もないので青空が名残惜しいがキャンプ場に帰る。
キャンプ場はやはり雨だった。

午前11時、少し早いが昼食の準備、朝、ついでに茹でておいた卵をつぶしマヨネーズを混ぜる、レタスを洗い、キュウリを切り、ハムとチーズでサンドイッチを作る。辛子入りと辛子抜きを作り、満腹になるまで食べた。

食事後、雨が上がっているのでtをすぐ横の沢で遊ばせる、長靴で入れる深さなので安心だが、早速泥遊び、天気がよければいいが濡れてしまうとシャワーもなくお風呂は4時からなので適当にやめさせるがやっと遊べたtにとってはあまりにも短く不満の塊、沢から上げるのが大変だった。

K君は2時過ぎに来る予定、1時間以上あるので釣り堀に連れて行こうとしているとK君が現れた、4人一緒に釣り堀へ、竿は300円、イワナは小サイズ300円、大きいのは500円だそうで早速釣ることに、K君と私はあまり食べる気がないので2匹釣ることにする。
奥飛騨のニジマスと同じように釣った後、tに竿を渡す、水面から上げるのはtの役目、2匹供25cmくらいだがこれは大小どちらなのか見てもらうまでわからない。結果は小サイズで300円、500円の30cmを超えるイワナが釣って見たかったが、見えるところを泳いでいるのは小サイズが殆どのようだ。サイトに戻り、焚き火で塩焼きにしてmとtのおやつになった。

tはK君が来てご機嫌、散歩しよう、遊ぼうと振り回している、おまけに今日はシャボン玉のピストルをもらって遊んでもらっている。あっち、こっちと親より言うことを聞いてもらえるので嬉しそう、親はそれに甘えさせてもらってます。

雨も夕方までなんとか降らずに済んだが、空を見ると怪しい、ここに到着してずーっと西の空は明るいまま、基本的に天気は変わっていないようだ。

昨日と同じように4時からお風呂を済ませ、天気が悪いので少し早いがK君と私のランタン2つをつけ、夕食をつくることに。

今日の夕食は豚肉の生姜焼きに大根おろしをかけたもの、豚肉の薄切りにおろした生姜とお醤油をまぜ、しばらく置く間に、大根をおろす、真空パックのナメタケに火を通し、冷やした後、大根おろしに混ぜる。
キャベツを千切りにして、皿に盛り、その上に熱い生姜焼きをのせ、たっぷりの大根おろしとお醤油をかける。これと、温かいご飯でできあがり。
さて食べるところで雨が風が、、、テントのリビングに急いで非難し大忙しの夕食となった。

ところが食事中、tが眠くなり自分で寝室スペースに入り寝てしまった、今日は昼寝をしていないし、前回の奥飛騨と同じパターン、2日目は夕食ころが限界らしい、今回も歯磨きは諦め着替えを無理矢理させる。

食事後、風が時々強く吹くので、テントとタープの点検、特に問題ないのでタープの下を整理しリビングでくつろぐことに、何かあった場合を考え私は紅茶、K君とmはワイン、ワインがほぼ空いたので寝ることに、風が吹く度テントが揺れ、外が気になる夜だった。


3日目
朝起きると5時、テントをそっと抜け出すと、まだ曇っているが雨は上がって風も収まっている。
もう一度コットに戻り少し眠って起きると、天気はよくなりそうだ。
K君と私はリビングスペースのコットで寝たので、風でとばされないよう車に入れてあった椅子などを外に出していると、tも起きて来た、また今日もtの悪戯との戦いが始まる。

今日の朝御飯はアジの干物、インスタントみそ汁、漬け物、ご飯、アジの干物は真空パック風で普通の干物より1日賞味期限が長かったので選んだ。キャンプ場で純和風の朝御飯もいいものだ。
バーナーの火で干物を焼くには網の縁に1匹ずつ乗せ反対側を手で持って動かしながら焼いた、焼き終わったアジはフライパンに入れ、最後(20cmくらいの干物、全部で8匹)が焼き終わってから、フライパンを火にかけ少し暖めた。

食事が終わり、ランタンやパイルドライバー等を片づけ、少しずつ帰る準備をする。

きのうは沢でほんの少ししか遊べなかったt、晴れてきたのでmと3人で沢へ、といっても長靴で入らせる、沢には茂みが覆い被さり、奥飛騨のように広範囲に動ける場所ではないが水に入るのはほんとに楽しそう、着替えさせるのは面倒なのでお尻は濡らさないでくれ!

テントに帰るとK君はコットでお昼寝、昨日眠れなかったのか、仕事で疲れているのか、歳なのか、たぶんどれもが重なっているのだろう。

完全に晴れてテントを乾かすにはちょうどいい、衣類やシュラフの片づけはいつものようにmにまかせ、リビングスペースに寝ているK君を無視してフライシートを外しメッシュだけにするとさすがに目が覚めたらしい、3人でタープの下からテントを出しひっくり返し底を乾かす、このキャンプ場はかなり雨が降ったのにもかかわらず水はけがいい。防水シートに銀マットを敷き、その上にテントのグランドシート部分を乗せているので殆ど汚れていない。
天気も濡れたまま持ち帰ることを覚悟していた今回のキャンプだが最後に晴れてくれた。

お昼のメニューはインスタントラーメン(骨付きソーセージ、メンマ、卵、レタス、乾燥ネギ入り)とご飯。

午後、テントやテーブル椅子等を片付け、タープを畳むと炎天下、雨や曇っている間涼しかったのが嘘のように暑い、テントやタープを片付けるのにずいぶんありがたい太陽だがやっぱり暑い。

チェックアウトは5時までOKだがあまり遅くなっても帰ってからが大変なので3時ころキャンプ場を後にした。
スタッフのみなさん、勝手なことを書きましたがありがとうございました。


奥伊吹キャンプ場 その他の情報及び、感想

滋賀県坂田郡伊吹町甲津原奥伊吹


スキー場のため草地(地図場の緑色の部分)は大部分が傾斜地ですが、車は横付けできます。
林間サイト(地図上の薄茶色の部分、土)は平坦地か板張りで陰も多く快適そうですが最近の大きなテントやタープは不向きだと思われます。今風の装備の多いオートキャンプではなく、必要最低限の装備で楽しむには林間が良いと思います、車はすぐ横には入れないかもしれません、その場合、隣接した草地の部分に止めることになると思いますが、テントや車で埋まってしまった場合どうなるのかよくわかりません。どちらにしてもすべてのサイトがフリーですので早い者勝ちです。

確認はしてませんが、水場はたぶん沢の水だと思います、お皿を洗ったあと川の匂いがしました、私たちはサラダ等、生で口に入るものは念のためミネラルウォーターを使用しました。

携帯電話は DoCoMoとTU-KAが使えるようです。ロッジの外に公衆電話があります。

シャワーがなく、4時から7時30分の限られた時間でのお風呂では夏休み等、人が多いときはどうなるのか不安です。男性用は5〜6人、女性用は3人が限界かと思われます。

ゴミは近くにある木製の箱に入れておくと回収してもらえます。
夜、サイトに生ゴミを置いておかなくていいのでありがたいです。
パノラマ写真の車の少し右の坂にある箱がゴミ箱です。

テント、タープの料金、駐車料金、利用料が1泊、日帰りを含め細分化されているのでグループで複数の車、タープは1つなどのバーベキューにも使いやすいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます、他の内容もぜひこちらからどうぞ


最寄りの救急指定病院

国民健康保険 関ヶ原病院 TEL0584-43-1122
岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原2490-29
内科 外科 脳神経外科 整形外科 耳鼻咽喉科 小児科 眼科 皮膚科 泌尿器科 放射線科 リハビリ科 歯科口腔外科 人工透析 救急

医療法人社団紫水会 藤井病院 TEL0584-43-0032
岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原3238
内科 胃腸科 神経内科 循環器科 皮膚科 消化器科 内分泌科 血液内科 救急

市立長浜病院 TEL0749-68-2300
滋賀県長浜市大戌亥町313
内科 循環器科  呼吸器科 消化器科 小児科 神経内科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 心臓血管外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 歯科口腔外科 リハビリ科 歯科 救急 人工透析

長浜赤十字病院 TEL0749-63-2111
滋賀県長浜市宮前町14-7
内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 心療内科 精神科 神経科 神経内科 外科 整形外科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 皮膚科 泌尿器科 形成外科 美容外科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 リハビリ科 歯科 臨床検査科 病理科 内視鏡科 救急 人工透析 人間ドック デイケア 作業療法 運動療法 健康管理



最寄りの警察署

米原警察署 TEL0749-52-0110
坂田郡米原町大字米原555



お断りキャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は載せておりません、お調べ下さい。
緊急に備え、救急病院、警察署の情報を載せてありますが、実際に電話をかけて確認したわけではありません、電話等が必要な方は再度確認の上、お出掛け下さい。


ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2002, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.