NEOキャンピングパーク 2012年 NEOキャンピングパーク 2010年の日記を覧頂けます。

こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ
  NEOキャンピングパーク(No,3) 2015年1月10日(土)〜11日(日) 

 
「奇蹟のような星空」
ベルテント(Sibley500)を購入後、春夏秋は写真も沢山撮ることができましたが、冬(雪中)は今回が初めてです。
でも天気予報は雪と雨で、夕方から本格的に降り始め、スタッフさんとも「今夜は雪下ろしで眠れないかも」とお話をしていたくらいです。
それでも9時頃小降りになりましたが星空は期待する状態ではありません。
ところが、ふと外へ出ると雪は降っていますが満天の星空、カメラのレンズを超広角に替え、三脚に付けて外へ出るとすでに曇って星は見えず、でも30分ほどして再びチャンスが。
この写真の時も雪が降っていて傘をさして撮っていますが、ベルテントと木に積もった雪、その上星空が撮れるとはすごくラッキーでした。
地平線近くはうっすら雲があるようですが、15分ほど星がきれいに見えました。


去年の夏以来のキャンプ、雪中キャンプを目的に「NEOキャンピングパーク」に行ってきました。
この3連休はキャンプ場主催のイベント中ですが、私が2日しか休みがないため1泊のキャンプです。
短い日にちを有効活用するため8時に自宅を出ましたが、雪の予報に関わらず道には雪がなく10時前に到着してしまいました。

早速サイトを決めましたが、雪で奥まで車が入れないため、少し道幅を広くしていただき車を入れました。

積雪は1mほど、積もったり溶けたりを繰り返した雪のようで、上を歩いてもそれほど多くは沈みません。
ベルテントが直径5m程なので取りあえず直径7mほどのスペースを踏み固めました。
以前と違ってtも大人と変わらない体重になり、体力は私を追い越しています。
今回はたっぷり働いてもらい私達は楽に?なりました。(笑)
深い雪のペグダウンに関してはこちら(ブログ記事)をご覧下さい。



 
踏み固めから荷物を入れ終わるまで2時間半ほど、1時ころに設営完了です。
予報では雪と雨でしたが、雪が降ったり晴れたりで、雨が降らず良かったです。



 
t製作の階段です。
以前は私担当でしたから、これだけでも楽になりました。
上り下りが楽なように、高さも拘ったようです。



 
メインの暖房はテーブルの下に入れた遠赤外線ストーブのコタツで、サブの暖房は今回初めて使用のイワタニCB-STV-HPR(ブログ記事)です。
イワタニCB-STV-HPRはカセットガス使用のストーブなので管理が楽ですが、家庭の室内用なので低い温度でメインで使用するのは無理があります。
もちろん、テント内で使用するのは禁止ですが自己責任での使用です。
テント入り口は少し開けたままで、一酸化炭素警報器を使用しています。
また、就寝中と出かけているときは消しています。

今回はインナーテントは使用しないで、ベルテント半分の自作シート(ブログ記事)を使っています。
自作シートは防水シートなのでそのままでは雪の温度がそのまま伝わります。
キルティングの敷物を2枚、インフレータブルマット(厚さ5cm)にフリースを巻きました。
そしてマミー型シュラフ(写真オレンジの物)にダウンの封筒型シュラフを広げて掛けています。
もちろん湯たんぽ使用です。
明け方の最低気温で0℃、室温は3℃ほどと温かかったこともあり、tはマミー型シュラフの上で封筒型を掛けて寝ていたようです。



 
ウエルカムイベント、雪が指定された量(今年は5kg)に近い家族の勝ちです。
我が家は600gオーバーで番外でした。



 
雪玉的当てゲーム。 19点で2位、景品にソリを頂きましたので、欲しいお子さんに差し上げました。

その後、夕方には恒例の餅つき大会、つきたてのお餅を美味しく頂きました。



 
今夜も手間をかけない夕食です。
焼いたソーセージに野菜とパン(ちょっと高いので普段買わない美味しいパン 笑)です。



 
野菜はレタスとキャベツ、私はキャベツがメインです。
洗わないで食べられる野菜はキャンプで便利です。
それぞれの野菜の産地も明記されていて安心です



 
雪が溜まったところが濡れて白っぽく写っています。
気温や雪質にもよると思いますが、今回は湿った重い雪で、テントの素材が綿なので滑り落ちにくいです。
それでも傾斜があるので内側から叩けば落ちてしまいます。
今回はインナーテントがないので、内側から雪が落しやすく楽です。
今回は10cm程度で止みましたが、多く降れば下に溜まった雪をスコップで退ける必要があります。
我が家は以前と同じように金属の四角いスコップ、尖ったスコップ、プラスチックのスコップの3本を持参していますが、テント回りはプラスチックがお勧めです。
それと、車用に使うT型のブラシも便利です。


2日目

朝起きたのが5時、外気温は0℃、室温も3℃ほどで温かいです。
外に出ても凍っていません。
雪も増えた様子はなく、ちょっと期待はずれです。

mが起きるのを待ってコーヒーを飲みました。
tは夜中までiPhoneで友達とやり取りしていたようで簡単には起きません。



 
朝ご飯は温めるだけのおでんです。



 
細々した物を片付けたところで記念撮影です。



 
tと椅子の記念撮影(笑) 濃さは少し違いますが、オリーブとネイビーで同じ配色です。



 
荷物を積み終わったところでお昼ご飯です。
生ハムと野菜と美味しいパン(笑)です。



 
mとtが作った雪だるま、piyosukeさん一家とご一緒した大見いこいの広場を思い出します。

今回のイベントキャンプは2泊なので、回りのみなさんは遊びの真っ最中、残念ですが我が家は帰らなければいけません。
スタッフのみなさんにご挨拶をしてキャンプ場を後にしました。
スタッフのみなさん、お世話になりありがとうございました。


その後、「うすずみ温泉」でお湯に入り、少し早いですが、帰り道にあるモレラで夕食を食べて帰りました。



その他の情報

NEOキャンピングパーク
〒501-1512 岐阜県本巣市根尾下大須1428-1
TEL:0581-38-9022
FAX:0581-38-9033




道具類はレンタル品や販売品も多く、何か忘れ物をしても何とかなりそうです。
トイレなど設備の写真は何も撮っていないのでホームページをご覧ください。
お湯もお風呂もあり、文句なく高規格の設備です。
スタッフの方が常駐されているので、何か問題があれば相談してください。




最後までお読みいただきありがとうございます、他の内容もぜひこちらからどうぞ


お断り:キャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は基本的に載せておりません、お調べ下さい。


NEOキャンピングパーク 2012年 NEOキャンピングパーク 2010年の日記を覧頂けます。

ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2012, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.