こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ
  六ッ矢崎浜オートキャンプ場 2011年9月23日(金)〜24(土)

 

今回のキャンプは夏休みのキャンプでご一緒した、Mさんご家族とご一緒する予定でしたが、お休みが取れないそうで、我が家だけのキャンプとなりました。
考えてみると、我が家だけのキャンプは1年ぶりで、tが時間を持て余すのではと心配なスタートでした。

キャンプ場は六ッ矢崎浜オートキャンプ場です。
piyosukeさんのブログで紹介されて行きたいと思っていたキャンプ場です。

前々日の台風が去り、昨日は風が吹きましたが、今日からいい天気になりそうです。
今回は台風の様子を見ていたため、買い物は当日、滋賀県に入ってからスーパーに寄りました。
もっとも、ますます手抜きの食事で、初日お昼のお弁当類とお好み焼きの豚肉以外は飲み物とお菓子がメインの買い物です。

自宅を出たのは午前8時、到着は12時少し前でした。
天気は快晴ですが、風があり、湖面は波立っています。
受付を済ませ、湖に向かって左一番奥に入りました。
一番奥ですから、トイレや水場は遠いですが、キャンプ場の外れにある茂みに遮られ風が弱いです。

設営前に昼ごはんです。
mとtは風が冷たいからと車の中で食べています。
設営前の食事にはテーブルが使えてありがたいです。


 
設営完了です。
午後から日影になり、朝日が当たる場所です。
テーブルには、真中に穴があったので、パイルドライバーを立てました。



 
波のため、琵琶湖の水の色が普段とは違います。



 
時間が早いためか、まだ空いています。(トイレ近くは混み始めています)



 
少しあった雲も消えて、快晴です。



 
先に「tが時間を持て余すのではと心配なスタートでした。」と書きましたが、tにとって今回のキャンプの最大の目的がこの写真です。
餌釣りは随分しましたが、ルアーでの釣りは初体験です。



 
実は設営の手伝いもしないで、練習を始めたのですが、何しろ向かい風が強くて大変です。
この写真のころは少し慣れてきて、前に飛ぶようになっていますが、全身を使って思いっきり投げても、軽いルアーですから、それほどの距離は飛びません。



 
tの釣り(?笑)のお陰で私たちはのんびりできます。



 
向こう岸には伊吹山が見えています。



 
冷水のシャワーとはこれかな。
夏はありがたいですよね。



 
遊具があります。
ロープが短くて上まで上がれません。


 
一応上がってみないと気が済まないようで。(笑)


 
テントの中からもいい景色です。



 
まだ少し明るいですが、ランタンを灯し、焚き火にも着火して、夕食場所の準備完了です。
夕方には風が止んで、焚き火が快適です。



 
今日の夕食の準備はキャベツを刻み、お好み焼きの粉などと混ぜるだけです。(本日はm担当)
私は焼くだけです。


 
1枚が焼けるごとに食べたので、パリッと、ふっくらで美味しかったです。


 
秋の夜長で、心地よい時間が過ぎて行きます。



 
平地にいながらこれほどの星空は、昼に吹いた風のお陰でしょうか。
北斗七星、北極星、カシオペアが見えています。



 
上の写真より上を見ています。(下の方にカシオペアの一部が見えます。)
肉眼でも、写真でも、天の川が見えているのかな?といった感じですが、下の写真をご覧ください。



 
上の写真を画像処理ソフトで、コントラストを高くするとこんなに星が見えてきます。
(下が明るいのは街の明かりの影響、周辺が暗いのはレンズの特性で、コントラストを上げたことではっきり影響が出ています。)


写真を撮ったり、お茶を飲んだりで静かな夜が更けて行きます。
と言っても、夕食を早く始めた上、回りが静かなので感覚より早い時間です。
後ろの道路の交通量も少なく、快適な夜です。

ただ、これから寝るのに少し不安があります。
今夜は衛星落下予定の夜です。
寝る間際と、夜中にチェックしてもはっきりした情報がありません。
落下物が当たる確率がどれだけ低くても、あまり気持ちのいいものではありません。
結果的に10時間以上遅れて、日本周辺の落下はなかったようですが、迷惑なことです。



2日目


 
6時少し過ぎ、日の出の瞬間は逃してしまいましたが、最高の天気です。



 
焚き火が心地よく、コーヒーが美味しいです。



 
tは早速釣りですが、もちろん釣れません。(笑)


 



 
少し左には、魚が潜んでいそうなところがありますが、まだまだ思ったところにキャストする腕はありません。

こちらに来る前に、釣りをしていいか伺うと、「釣るのはいいですが、釣れないですよ」とのお答え、実際に大人が何人か釣りをしていましたが、釣り上げるところは見ませんでした。
これで釣れたら最高のキャンプ場なんですが。
サイト横の水路で餌釣りをしてみましたが、こちらも当たりなしで残念でした。



 
今回の気温ではまだ必要ありませんが、MUKAを使って見ました。
ポピングが疲れる以外はガスを使うのと大差なく、冬は期待できます。
ただ、音がうるさいので、早朝は使わないか、火力を絞った方がいいでしょうか。



 
3人並んで朝ご飯の風景です。
すでに日当たりは暑くて、木陰が心地いいです。


 
オートキャンプなのに、こんな物を食べました。(笑)
キャンプの2〜3日前に、130円ほどで特売しているのを発見(賞味期限が1年のためかな? 非常用には短いですが、キャンプには十分です。)つい安さに引かれて購入、いつもこれくらいで売っているといいのですが。



 



 


 

tは食後も釣りを続け、私たちは撤収、今回は荷物が少なく、天気もいいので楽な撤収です。
お昼はカップ麺を木陰で食べて終了です。

気持ちのいいキャンプでした、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

帰りにはしんあさひ風車村により、その後、薬湯風呂の“己高庵”(ここうあん)に向かいました。

その後、tの希望で回転すしで夕食を済ませて帰りました。

最後までお読みいただきありがとうございます、他の内容もぜひこちらからどうぞ



その他の情報


六ッ矢崎浜オートキャンプ場
〒520-1511
滋賀県高島市新旭町藁園336
TEL.0740-25-6464




草地が気持ちのいいキャンプ場です。
ペグはソリッドステークの30cmと40cmを使いましたが、適度な抵抗感で良く効きます。
常連さんのお話では、今回ほどの風は珍しいそうですが、湖に面しているので、しっかりしたペグダウンがお勧めです。

トイレは水洗ではありませんが、きれいに掃除されていました。



最寄りの救急指定病院
(受付で頂ける「お願い」の用紙の裏に病院以外にもいろいろリストが載っています。)

高島病院
TEL0740−36−0220

今津病院
TEL0740−22−2238

マキノ病院
TEL0740−27−0099



最寄りの警察署

高島警察署
高島市今津町中沼2丁目4
TEL0740−22−0110



お断りキャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は載せておりません、お調べ下さい。
緊急に備え、救急病院、警察署の情報を載せてありますが、実際に電話をかけて確認したわけではありません、電話等が必要な方は再度確認の上、お出掛け下さい。


ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2011, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.