休暇村 越前三国オートキャンプ場 他の年の日記を覧頂けます。
2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年
2006年 2005年 2004年 2003年

こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ
  休暇村 越前三国オートキャンプ場 (No,8) 2010年7月30日(金)〜8月3日(火)

 
8月2日午後1時ころ  帰られる方の撤収が終わり、次の方が到着される前の静かなキャンプ場です。


我が家の夏休みの恒例、“休暇村 越前三国オートキャンプ場”でのキャンプも今年で8回目となりますが、tの幼稚園の年中からスタートして、今年は小学校6年になりました。
来年は中学生ですから、今年は大きな節目です。
この8年間、幼いときは発熱で日にちをずらしてもらったり、台風の時も無理を言いました。
8年間同じキャンプ場で夏休みを過ごせたことは、「休暇村 越前三国オートキャンプ場」様のお陰でもあります。
改めてお礼申し上げます。
そして今年で合計38日間、そのうち夜や道中の雨を除いて遊んでいる時間帯に限って考えれば34日間が晴または曇ですばらしい相性のキャンプ場です。
また、多くの方とお知り合いになり、「日記を読みました」と声をかけてもらうことも多くなりました。
生意気なことも書いている日記ですが、お礼申し上げます。


さて、今年は昨年お知り合いになったMさんから連絡をいただき、待ち合わせてのキャンプです。
tは去年遊んだご兄弟とまた遊べるので、いつも以上に楽しみなようです。

でもここで問題発生、mが仕事のため予定の日数が休めません。
そこで、mは少し遅れて初日の夜に合流となりました。

今年は7月の後半、夏休みに入ると同時に梅雨明け、このところ何年もなかったことです。
あまりいい天気が続くので台風など心配していたのですが、幸い台風は発生せず、ところが前日が大雨、特に経由予定地の奥美濃から九頭竜湖辺りはかなり降ったようで行きのコースを変更、朝6時30分自宅出発、関ヶ原まで一般道を走り、関ヶ原から福井まで高速道路、福井からはいつものコースです。

そして、最初の買い出しをするイーザに到着が9時20分、開店の10時まで仮眠しました。
買い物はこの後のお昼ご飯、夕食2人分、翌朝の朝ご飯、翌日海に行くときのため、おにぎりの材料などを買いました。


 
昼食はいつもの海岸ですが、いつもの東屋は近くに大きなトラックが止まっていたためと、暑いので車の中で食べました。
私は焼き鯖鮨、tは笹寿司です。
道中雨がぱらつき、到着後は降っていませんが、海は霞んでいます。
天気予報ではこれから良くなるようです。

天気は期待できる5日間ですが、mがいないこの場所での昼食は寂しいです。
tも「お母さんが、、、」を連発しています。

その後、ちょっと早いですが受付を済ませました。(正規のチェックインは午後2時です。清掃がすんでいれば早めに入れてもらえることもあります。)
今年も嬉しいことにNo,34のサイトです。(お断り:サイトの予約はできません。)


 
ランドロックはもちろん、+レクタの設営でmがいないのは初めてです。
tも今日は積極的に手伝ってくれます。

幸いMさんご一家到着前にランドロックとレクタの設営が終わり、いいタイミングでの再会となりました。(到着されればtは遊び優先になるでしょう)

だらだらと荷下ろしをしていたためもあり、すべての荷物が落ち着いたのは5時半頃、今日はmの到着が遅くなるので、迎えの後サイトに車を戻すと回りに迷惑をかけます。
夜はビジターセンター(管理棟)の駐車場に止める(受付時に許可済みです)ことになるので、普通なら車に積んだままにするすべての荷物を下ろしました。


 
今年のNo,34は新たに芝が張られていました。
ここ何年かタープの下辺りが剥げて土がでていましたが、今年は快適に過ごせます。
最近我が家ではロータイプのテーブルと椅子が中心ですが、足元が埃っぽくなるのでここではハイタイプを使っています。
これでロータイプも快適になりそうです。
ただし、このサイトは西日が暑いので、より陰に長く居るにはハイタイプが有利です。

毎年このサイトはモグラの穴などで柔らかい所があります。
今年モグラの穴はないようですが、風が吹いたときに備えて、タープのペグはソリッドステークの50cmと40cm、ランドロックは30cmを使いました。
私たちはそれほどの風を経験していませんが、海辺ですから用心にこしたことはないと思います。

そして、このサイトで注意することがもう1つあります。
タープを張った前半分(水道側)の上の木から霧のような細かな樹液(?)が落ちます。
季節や天気によると思いますが、撤収時には手にべたつくようになります。
私の場合は、自宅に帰ってから中性洗剤で洗います。
木がなければ陰がなくて暑いわけで、キャンプは自然の中で過ごすのですから、この程度は仕方ないと割り切る問題だと思います。
タープやテントが汚れるのが嫌なら、頭上に木のないサイトをお勧めします。


 
顔を合わせた瞬間から、1年の空白はなかったように遊んでいます。
tはいつのまにか1個だけベイブレードを忍ばせてきたようで、一緒に遊べて大喜びです。


 
今度は3人でベイブレードです。
サイトもお隣、遊ぶ約束で来たのですから、この後、暇さえあれば入り浸りでした。


 
2人での夕食です。
キャンプでは初めての経験です。
ご飯だけ炊いて、甘エビ、マグロ、アジのお刺身です。
みそ汁はインスタントです。

今回5日間の食事のテーマは新鮮で美味しく、手抜き、そして食べ過ぎないことです。
(空腹時の買い物ですから、毎年つい買い過ぎてしまい、満腹になり過ぎます。)

さて、「いただき、、」と言おうとしてドキッ! ここでキャンプ始まって以来の経験、忘れ物です。
調味料ボックスを積み忘れました。
これまで忘れ物は私の記憶の限り致命的なものはありません。
食べる寸前にお醤油のないことに気付くのは致命的です。(笑)
お隣のMさんに助けを求め、無事食べることができました。
Mさん、ありがとうございました。

食事後早めにシャワーを済ませmの迎えに備えます。
もちろんカブトムシのトラップは明るいうちに仕掛け終わっています。


 
写真は芦原温泉駅ですが、岐阜から芦原温泉まで乗り換えなしで来られます。
一番近い駅は越前鉄道の三国湊ですが、福井で乗換があり、知らない土地でそれも夜、違う鉄道への乗換は不安です。
芦原温泉はキャンプ場から20分ほどですが、mの負担が少ないこのコースを選びました。
「しらさぎ15号」で岐阜から2時間弱で到着します。

私たちは早めに駅に到着したので駅前の駐車場は閑散として静かでした。
「しらさぎ15号」の到着時間が近づくにつれ、お迎えの車が増えます。
板前さん風の方や旅館の方が多く、さすが温泉街を控えた駅です。
先程までの静けさが嘘のようです。

私たちは階段の下でmを待ちましたが、上に現れたmを見つけてtが駆け上がります。
抱きつくのではないかと思うほどの勢いでした。(笑)
朝自宅で見送ってもらい16時間ほどしか経っていないのですが、旅先での再会は嬉しいものです。

11時頃キャンプ場に帰り、管理棟の駐車場に車を止め、mはシャワーを済ませてサイトに入りました。
Mさんや回りのサイトの方々はお休みなられた後で、静かなキャンプ場です。

お昼に到着したとき、お隣で撤収中の方のお話では、昨夜は入り込んだ野良犬の鳴き声が聞こえたようですが今夜は静かです。
昼の間、歩き回る野良犬を見かけましたが、人が近づくと避けているようで害はなさそうです。
スタッフの方が追いかけていたので捕まったのでしょうか。
3日目からは見かけなくなりました。


2日目
朝起きると5時半ころ、快晴ではありませんがいい天気になりそうです。


 
朝ご飯はおにぎりを作り、お弁当の残りのおかず(チキンナゲットとウインナー)を適当に食べて終了です。

でもおにぎりが少な目だったので、Mさんご家族とコンビニで買い足しました。


 
海に到着、今日は土曜日、去年より混んでいるようです。
波はありませんが、魚は少な目です。

逆T字形の腰からぶら下がったものは、水中で音を出す機具です。
お互いが呼び合うのに使います。
声より良く聞こえますから、振り向いたら手を使って意志を伝えます。


 
ここでウエイトに関してご説明します。
私たち3人はウエットスーツを着て、ウエイトの付いたベルトをしています。
ウエットスーツは浮力があり、その浮力を相殺するためのウエイトで、楽に沈むためではありません。
ウエットスーツの浮力に合わせたウエイト量を専用のベルトで使用しないと危険です。
専用のベルトは水中で簡単に取り外せ、危険なときはベルトごとウエイトを破棄することで浮力を得ることができます。
ウエットスーツとウエイトを使う場合、専用の講習を受けることをお勧めします。


 


 


 
去年の海に一番近い場所は先客で塞がっていましたが、東屋は空いていたので利用させていただきました。
風が通って涼しかったです。


 



 
食後はまた海へ


 
黒い細かな魚はメジナの稚魚です。


 
ここのような地形の場合、岸にあまり近づかないようにしています。
落石がないとは限らないので万が一の対策です。


 
実はこの後、カメラの液晶が真っ黒で映らなくなりました。
水深10mまで潜れるコンデジですが、構造上不安があるのでかなり注意して使っていたのですが、、、明日の海はどうなるでしょうか?

海からあがって、一度キャンプ場に戻り、いつものようにイーザに行きました。
刺身が気になりますが、今夜は持参した飛騨牛です。
飲み物や翌日の食料を買い足して帰りました。

イーザに行く前にカメラを真水に浸けて出かけました。
帰ってから水をふき取り、パソコンの端子部分と電池の蓋を開けると、パソコンの端子部分に水が浸入していました。
1時間ほど乾かすと液晶が復活、写真も撮れます。
明日の海で何とか使えますように。


 
今回唯一岐阜から持参した食材です。
5等級ですが、身体のためと、値段を少し押さえる効果もあり(笑)、少し脂が少な目のところを選びました。
でも、飛騨牛の脂は甘くて美味しいですよ。


 
今回に肉以外はシイタケのみ、代わりに市販の生野菜のサラダを食べました。
そうそう、ご飯も炊かないで完璧な(笑)手抜きです。


 
tは「よいこの泡びぃ〜」、私たちはフリーを飲んでいます。


 
テーブルにはお風呂に浮かべるLEDのライトです。
水に浮かべるとスイッチが入ります。
夏らしい色です。

食事後は、トラップの見回りをする以外、キャンプ場内を歩き回ることは少なかったです。
以前とくらべ、虫が格段に減っているように感じます。
甲虫だけでなく、水銀灯に集まる虫もわずかです。
以前は樹液の出ている場所にはスズメバチが必ずいて、昼は近寄るのが危険でしたが、今年は一匹も見かけませんでした。
スズメバチがいないのは安全でいいのですが、松が枯れ、林の密度が薄くなり、自然の状態が変わってきているのでしょうか。
トラップに時々カブトムシが来るのが救いです。
(樹液の出ているところやトラップには、昼はスズメバチ、夜はムカデも来ますので注意してください。)


 
虫が少ないですから花火は欠かせません。
このキャンプ場は花火をする家族が多いので、ピーク時にはキャンプ場全体が煙で真っ白になります。(笑)


 



 



 



 
サイト裏のアスファルトの道路に花火で落書きをしています。
3人共よほど楽しいのか、とめても止めません。
落書きがかなりひどいので翌々日3人で掃除しました。

tは海に入って疲れているのと、昨夜は12時近かったため、10時過ぎにはすんなり寝てくれました。


3日目
朝目が覚めたのは5時ころでしょうか。
朝は涼しいというより暑くない程度なのでコーヒーを飲む気にもなれず、しばらくは何もしないで過ごします。
でも、静かなひと時です。


 
毎度定番のような朝ご飯です。


 
今日はおにぎりではなく、パン類とおかずを準備し海に向かいます。


 
“エリマキワニ”(笑)
piyosukeさんから頂いたワニさん(全体が緑です、タープの赤い色が反射しています。すごく便利でした。)と“くるっぱ太陽くん”です。


 
朝からまたベイブレード? それとも今日の遊び内容の相談?


 
今日はコンビニには行かないで海に直行、昨日よりかなり早い到着ですが、すでに混んでいて東屋は塞がっていました。
その代わり、海が近いので見晴らしはいいです。


 
裸に見えるのがウエットスーツを着ているt、黒っぽい服装の3人がMさんご家族です。
Mさんの奥様はタープ下で見学です。
昨日も今日も昨年とくらべ空や海が青くないですが、波がないので泳ぎやすいです。

この写真には写っていませんが、右の方から外海に直接出られるところがあります。
海岸からすぐに水深が深くなるので、泳いでみるには波のない今日はチャンスです。
Mさんちの長男Tくん、お父さん、私たち3人と外海を泳いで、真ん中の岩の右から湾に戻りました。
かなり距離があるので、泳力、波など条件が整わないとお勧めできませんが、子どもたちはちょっと冒険気分で楽しかったようです。
何かあったときに身軽なのがいいのでカメラは持っていかず、写真はありません。


 
お昼ご飯です。


 
Tくんはすごいですね、普段から泳いでいるからでしょうか。

スノーケルを使った場合、普通は鼻も隠れるマスクを使います。
この時のTくんは、水泳用のゴーグルを使って鼻は水中に出ています。
ダイビングでマスクが外れたり割れたりしたとき、鼻が水中に出ても呼吸ができるように、丁度この時のTくんのような練習をします。
そんなとき、ダイビングのライセンスを持っている人でさえ呼吸できなくなる人が多いです。
口で呼吸しながら、鼻から水を吸い込まないようにするのは馴れないと辛いようです。


 


 


 
去年まではtが海からあがると言い出す前に終わりにしていましたが、今日はMさんご家族と一緒に泳ぐ最終日なので、自分から上がるまで自由にさせました。
さすがに疲れたようで、満足して海から上がりました。


 
今日もイーザで買い物です。
まずは石鯛、950円です。


 
カワハギは300円です。

2匹を一盛りのお造りにしてもらってプラス300円でした。


 
手前がカワハギ、その奥が石鯛、どちらも美味しかったですが、カワハギは普通の切り方より薄作りにして欲しかったかな。
左は本マグロの赤身です。
後はインスタントのみそ汁と白菜の漬け物にご飯、あっさりと健康的な食事です。


 
今夜も漁り火が見えます。


 
mは1人何をしているのでしょうか。
読書かな?
tがMさんのサイトに遊びに行くので大人の時間が増えます。
ありがたいことです。(笑)


 
今夜も花火で、Mさんご家族との最後の夜が更けていきます。


4日目
今日もいい天気になりそうです。


 
洋食?和食? よく分からない朝ご飯です。
今日も3回目の海に行く予定でしたが、mとtは水族館にも行きたいらしく、2日間の海で疲れたこともあり予定変更、取りあえず撤収中のMさんご家族を横から見ながらのんびりです。


 
毎年見かけるオニヤンマです。
いつもはサイト後ろの通路を行ったり来たりしていますが、今回珍しくタープの下まで来てホバリングしていました。
薄暗いのでカメラの感度を上げても羽が止まらなくて残念です。


 
サイト後ろの林の前です。
海が見えて気持ちいい場所です。


 
上の写真を逆から見るとこうなります。


 
上の写真の右にはクヌギやコナラの林があります。


 
キャンプ場内あちこちに植樹がされていました。
松が茂っていた8年前に戻ることは無理でも、これから年々育ってくれることを祈ります。


 
トビも今年は少ないです。
ゴミを狙われる被害は減りましたが、高い木が減り、繁殖条件が悪くなったのでしょうか。

Mさんご家族の撤収が終わり、名残惜しいお別れをしました。
いろいろお世話になりありがとうございます。
できることなら来年もご一緒したいですね。


 
静かになってしまったキャンプ場を歩いてホテルに向かいました。


 
途中見える海岸寄りには松が植樹され、風除けの囲いがされています。


 
ホテルの売店ではお土産を下見しました。


 
ソフトクリームとクリームソーダです。
「クリームソーダってクリームが入っているの? クリームが入っているなら飲むけど」と、tからの質問。
クリームソーダにはアイスクリームやソフトクリームがたぶん入っていると思いながらも、ペットボトルのクリームソーダを思い浮かべての質問らしく、ちょっとドキッとしました。
ペットボトルの飲み物は便利ですが、それが普通になってしまうのも問題かもしれませんね。

その後、mとtを越前松島水族館に送りました。
私は見飽きていること、夜の割引がなくなり、いつ入っても同じ料金でもったいないこと、サイトでゆっくりできるのも悪くないので1人サイトに戻りました。


 
ここから下の水族館内の写真はtの撮影です。


 
あのタイムラグの激しいコンデジで良く撮っています。
サイトに帰ってから写真を見せながら、タイミングを合わせるのが難しかったと自慢していました。


 



 



 



 



 



 



 



 



 
mとtが水族館に居る間、私はサイトの写真を撮りました。
この方向は高原のように見えませんか?
8年前に初めて来たとき、その年は梅雨明けが遅く気温が低くて、海側も木が茂り、まるで高原の気分でした。
そんな印象が思い出されます。
テントの位置は日が当たりますが、タープは木陰になって涼しいです。
でも西日は暑いですよ。(笑)


 



 



 



 



 



 
サイトの写真を撮った後、この場所で昼寝をしました。
午前中撤収が終わり、次の方が入るには早く静かです。


 
こんな風景を見ながら過ごす1人の時間は貴重で幸せですが、それも2時間ほど、2時間を過ぎると1人の時間を持て余し、そろそろ帰ってこないかなと思い始めるのですから勝手なものです。(笑)


 
mとtのお土産、エチゼンクラゲ入りアイスクリームです。
味は普通のアイスク../imageリームに、味付けのない中華料理のクラゲを細かくして入れてあると思ってください。
もともとエチゼンクラゲは食用にされているようですが、あの水中を漂う姿を思い出すとアイスクリームとはイメージが合いません。
それによく見るとここ越前ではなく、丹後で作られている商品でした。(笑)


 
今日も夕方はイーザで買い物です。
またまた魚に目が行きます。
毎年tは鰻が食べたいとうるさいのですが、何故か今年は鰻はいらないと言います。
最初身体の具合を心配したくらいです。

そこで今夜はヒラメと下の写真、シイラです。
岐阜ではシイラの切り身は売っていますが刺身は初めてです。
小さなシイラですが脂があってもっちりした食感で美味しかったです。

お造り代金は昨日と同じ300円でした。


 


 
今夜はご飯を炊くことさえ、さぼりました。
mと私は太巻きと焼き鯖鮨、tは握り寿司を食べました。


 
ラストの夕食も、tは「よいこの泡びぃ〜」、私たちはフリーを飲んでいます。


 
サイトからの夕日です。


 
水平線は雲があって残念です。


 
珍しく3人で記念撮影です。
mの立っている位置は低いですが、あと10cm弱でtの身長はmに追いつきます。


 


 
ガソリンの高騰で減った漁り火の数が少し戻ってきたように感じます。


 
自宅で本を読むのは好きなようですが、キャンプでは珍しく読書です。
Mさんご家族が帰られてしまい、遊び相手がいないこともありますが、2日間の満足感も大きいようです。


 
今夜も静かな夜です。
インナーの中からメッシュを2枚通して見た漁り火です。


5日目
今日は撤収、そしてmの希望のホテルで朝食なので早めに(5時)に起きました。
ホテルのレストランは初めてここに来たときの昼ご飯以来です。


 
ホテルでのバイキングは今回のテーマ「新鮮で美味しく、手抜き、そして食べ過ぎない」の「食べ過ぎない」が危険です。(笑)


 
tは8年前のお昼ご飯は当然覚えていませんから、嬉しそうです。


 
何年か前までは喜んで泳いでいたプールもすでに刺激がなくなり、行くことはなくなりました。

その後、撤収を済ませ、ビジターセンターで撤収完了の報告を済ませてホテルの売店に移動です。
お土産を買った後はいよいよ出発、ほんとにほんとに名残惜しいです。

キャンプ場のスタッフの方、お世話になりありがとうございました。

tは来年中学生で夏休みの生活は未知数です。
私の両親もかなりの歳で、まとめて自宅を留守にするのは困難になりつつあります。
また来られることを祈って、休暇村を後にしました。


去年は帰りに福井県立恐竜博物館に立ち寄りましたが、今回は明日からの負担を軽くするため温泉にだけ寄って帰ります。


 
温泉は去年も利用した「九頭竜温泉 平成の湯」に向かいます。

ですが、到着してみると様子が変です。
駐車場の入り口が車でふさがれています。
よく見ると、立て看板に定休日とありますが、隣のホテルのお風呂が利用できると書いてあったのでそちらに行きました。

写真のように露天風呂はありませんが、同じ温泉で空いていて貸し切り、tは私が止めないことをいいことに、泳いだり叫んだり、大騒ぎでした。

帰りは一般道を通り、岐阜市に入ってから道沿いのお店で夕食(天丼とそば、カツ丼とそば、天ぷらとざるそば)を食べましたが、お店に入った頃はまだ明るくて余裕の帰宅になりました。




 
今年最大のカブトムシです。


 
今年はこれだけなので少ないです。
クワガタは何かの雌を見つけたようですが、Tくんに譲って、逆にカブトの雌をもらったようです。
普通昼間のトラップにはスズメバチが来ますが、今年はいなかったためカナブンが捕りやすかったです。
写真は撮りませんでしたが、カナブンが10匹ほど捕れました。


その他の情報及び、感想

福井県坂井郡三国町崎
休暇村 越前三国オートキャンプ場



今年はトビが少なかったように思いますが、油断すると生ゴミだけではなく、普通のゴミも荒らされるので注意が必要です。
蚊がいますが、蚊取り線香や虫除けでそれほど気になりません。
夜はムカデを見かけます。暗くなったら素足で茂みを歩くのは危険です。
芝生も念のため注意した方がいいと思います。
テントも寝室部分のファスナーは開けたままにしない方がいいです。
今年は樹液が出ているクヌギはほとんどなく、コガタスズメバチ、オオスズメバチ共に見かけませんでしたが、過去、樹液が多い年は必ずと言っていいほどスズメバチがいましたから林に入るときは注意が必要です。
私たちも虫取りのトラップを木に仕掛けましたが、古いトラップを随分見かけます。
トラップを仕掛けたら、帰るときには取り外すべきだと思います。


ショッピングワールド “イーザ”

食料品全般、衣料品等、ミスタードーナツ、他 (マクドナルドがなくなり近くに独立店舗ができました)

魚貝類が多いですが、アワビ、岩牡蠣等、高級な物はありませんでした。

野菜は地元産コーナーが安くてお勧めです。

イーザは会員になると少し値引きがあったり、ポイントがもらえます。



“食彩館”

スーパーマーケット、食品全般



“セリオガーデン”

スーパーマーケット、食品全般。



“コメリ”

一般的なホームセンターで花火や虫かご等を忘れても買えます。



最寄りの救急指定病院
(体調が悪いときは各自で判断されるより休暇村のスタッフに相談されることをお勧めします)

医療法人慈風会 宮崎病院 TEL. 0776-82-1002
坂井郡三国町北本町2-2-6

医療法人社団至捷会 木村病院 TEL. 0776-73-3323
坂井郡金津町市姫3-18-1

医療法人泉寿会 加納外科病院 TEL. 0776-73-0259
坂井郡金津町花乃杜1-2-39

春江病院 TEL. 0776-51-0029
坂井郡春江町江留下屋敷62-5

荒川外科病院 TEL. 0776-66-0012
坂井郡丸岡町本町4-27


最寄りの警察署
三国警察署
福井県坂井郡三国町緑ヶ丘4丁目15−40
0776(82)011


最後までお読みいただきありがとうございます。

休暇村 越前三国オートキャンプ場 他の年の日記を覧頂けます。
2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年
2006年 2005年 2004年 2003年


他のキャンプ場もぜひこちらからどうぞ


お断りキャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は載せておりません、お調べ下さい。
緊急に備え、救急病院、警察署の情報を載せてありますが、実際に電話をかけて確認したわけではありません、電話等が必要な方は再度確認の上、お出掛け下さい。


ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2012, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.