こちらは私のアウトドアでの私的な日記の抜粋です、他の内容はこちらからどうぞ
 グリーンランドあさけ 2006年3月31日(金)〜4月2日(日)

その他の写真

8時10分出発
天気:31日曇時々雪、1日晴 2日雨
1日夜の最低気温マイナス1度 2日夜の最低気温5度

今回のキャンプはtの春休みに行きたいので、奥美濃では時期が早く、寸前まで場所が決まらなかった。
以前から拝見している大将さんのホームページでお勧めになっている“グリーンランドあさけ ”に決めました。

数日前に予約をして、前日に岐阜は雪が何センチか積もりキャンプ場に電話をしました。
現地も降雪中で積もっているらしく、午前中から早く入る予定を通常の1時に変更しました。

今回は関ヶ原から上石津を通り向かう予定なので道路の積雪が心配です。
スタッドレスであれば何の問題もありませんが、まさかこの時期に積もるとは思わず、ノーマルに交換した後です。

当日は出発を2時間ほど遅らせて8時10分に出発、お昼に到着すればいいのでのんびりした道中です。

途中道路に雪がわずか残っているところもありましたが、交通量が多いので溶けてしまい問題はなし。
買い物をしたり、コンビニでトイレを借りたりとのんびりした割に早く着き、到着は11時、デイ料金を追加してもいいと思い、受付に行くと基本の料金でいいとのこと。
それも今回は春休みの特別企画で基本料金は半額です。

場内に入ると、区画されてはいるものの、直線的ではなく自然な配置でいい感じです。
到着は最初でしたが、すでに入る予定があるサイトを避けて一番奥のA−16を選びました。

このキャンプ場は全てのサイトに水場があり、沢の水なので飲料には煮沸して下さいとのことでしたが、大変便利です。
トイレには一番遠いサイトですが私たちにとってはそれほど遠いとは感じませんでした。

設営を始めると雪が降ってきたり、日が射したり、風が吹いたりと不安定ですが、下が芝生なので気持ちがいいです。
一部芝生の禿げている場所も花崗岩の砂地なので汚れが付きにくく快適です。
ペグは花崗岩の土で適当な抵抗で刺さりますが、ペグに対して真上に引くと抜けやすいので、基本に忠実に角度を付ける必要があります。
私の場合はテントにはソリッドステーク30cm、タープには40cmを使用しました。

タープはカットしたシステムタープSTを前回使った“いとしろ”とは逆に、テント側を高く、離れるに従って低く張りました。
これは“いとしろ”での張り方だと、雨のときの調整が微妙で降ってから再調整しないと不安なこと、そして陰が出来にくいこと、雨が流れやすく調整すると高くなり風が不安なためです。

設営中1時近くになり定番のサンドイッチでお昼ご飯を済ませました。
時々雪が降りますが、テントの全室にホットカーペットを敷きコタツのテーブルにシュラフを掛けたコタツは暖かくて快適です。

設営もほぼ終わった頃、少し離れたサイトに軽トラで荷物を運び込む方がいます。
SPのリビングシェルが見えます。
ここあさけで軽トラ、SPと来たら、大将さんでしょう。
面識はありませんが、ホームページでよく見ているので、確認とご挨拶に行きました。
やはり正解でした。突然声を掛けて驚かせてしまいましたが、ホームページでの印象通り感じのいい方でした。
自宅が近いので軽トラで先発隊が荷物を運び、設営し、奥様は買い出し中だそうです。

今回は風が強そうなのでちびストーブを用意しました。
焚き火と違い、風が強くても火の粉が飛ばないので安心です。
しかしタープの下で使うためにはオリジナルの煙突では短すぎます。
空調ダクト用のアルミの蛇腹状パイプを中間に繋ぎ、パイルドライバーで固定しました。




トップの写真にも写っていますが、今年の3月tに初めてゲームを買いました。
自宅では1回の使用時間は30分程度と厳しく管理しています。
キャンプ場では設営中に大人しくさせるため持ってきました。
特に今回は天気が悪く、本人は手伝うと言いますが、邪魔になりはかどりません。
雪が降る中での設営、雨の撤収では車の中でゲームをさせていたので本当に楽で安心でした。

夕食は南部鉄の鍋でチキンを焼き、デミグラスソースで煮込みました。(トップ写真右下)
この鍋は食卓にそのまま置けて冷えなくて便利です。

夜は少々風がありますが良く晴れて星が綺麗でした。
サイトと川の間に大きな木があるため昼は見えませんでしたが、夜少し高いところへ移動すると夜景が見えます、案外街が近いようです。
晴れて明け方気温が下がりそうなので湯たんぽを3個用意しました。

サイト選びの時、雪等で気付かなかったのですが、横に建てられた小屋のようなものの中でモーター音が聞こえます。
テントの寝室に近いため聞こえますが、気にしなければ何とかなる程度の音です。
でも次回は避けたいです。
キャンプ場の回りに道路が通っているため、時々車の音が聞こえます。
しかし、これも生活圏の道路ではないため、いつも車が走る訳ではなく気になりません。


2日目
5時半に目を覚ますと、鳥が鳴いています。
気持ちよく晴れています。
昨夜の最低気温はマイナス1度で予想より高かったようです。

朝ご飯は雑炊の予定でしたが、昨日の残りにご飯を混ぜ、人参とチーズを乗せて焼きました。
残り物をそのまま使うと楽で良いです。

午前中は天気も良く、風も少なく快適です。
午後からする予定のマス釣り場を見たり、のんびり過ごしました。

昼ご飯は簡単にラーメンの予定でしたが、これも変更でおやつの予定のアップルパイを作りました。
リンゴを適当な大きさに切り、お砂糖を加えて煮ます。
南部鉄の鍋にクッキングペーパーを敷き、冷凍(市販品)のパイ生地を敷きます。
四角いので2枚つなげて敷き、余ったところは切りました。
中に煮たリンゴを入れ、シナモンを振りかけます。
パイ生地を細長く切って格子状に乗せて、後は焼きます。
蓋をして上と下から薪で焼きました。
サイトにはU字型のコンクリートが備えてあるので便利でした。
薪はキャンプ場で購入した杉の薪を使用したので簡単に火が回り、少々下が焦げましたがすごく美味しかったです。



午後から近くの木にニホンザルがいるのをtが見つけました。
私たちが見たときは10mほどのところに移動していましたが、最初はサイトの縁から5mほどの木に居たようです。
その後、離れたサイトには何頭かの猿たちが何かを拾って食べているのがよく見えました。
夜はもちろんですが、昼も食べ物には注意が必要です。

マス釣りのためテントを離れるため、食べ物を全て車に入れて出かけました。
ここでのマス釣りは100g250円で買い取りです。
ところが今回、まだ今シーズンオープンして間もなく、新しくマスが入っていないため、去年から年を越したニジマスです。
大きくなりすぎ値段が高く、管理人さんからは近くのマス釣り場を紹介しますとの事でしたが、出かけるのも面倒で、たまには大きなニジマスもたまにはいいので、場内で釣ることにしました。

いざ釣り始めてみるとエサを落とした瞬間に食いつき、あっと言う間に釣れてしまいました。
秋のいとしろでほとんど釣ることが出来ない状態を経験したtは、連れすぎてつまらないといいだすしまつ。
立て続けに3匹釣り、重さを量ってもらうと1800円とのこと、おやつ用にもう1匹追加で合計4匹、2400円でした。

サイトに帰り、1匹を塩焼きにして食べましたが、30cm近いので身が締まって美味しかったです。(tがほとんど食べました)

その後、バーベキューコーナーから河原に降りましたが、夏は水遊びをするのに適当な深さです。
到着した日に山肌に咲いているムラサキツツジを教えていただきましたが、この河原にも咲いていました。貴重だそうです。

夕食はtの釣ったニジマスをいつものように、オリーブオイルとローズマリーで焼き、インスタントみそ汁を使った手抜きの豚汁、ご飯の内容でした。
塩焼きと同じように身が締まって美味しかったですが、豚汁はやはり手抜きは問題でした。

夜は昨日のに比べてかなり暖かいのでマシュマロを焼いたり、おにぎりを焼いたりで過ごしました。

今夜は早めの10時過ぎに寝ましたが、12時半ころ雨の音で目が覚めました。
タープの様子を見るため外に出ましたが、水は溜まることなく綺麗に流れるので問題ありませんでした。


3日目
5時半に目を覚ますと、鳥が鳴いています。
雨も上がっているようです。
昨日も今日もウグイスが鳴いていましたが、あまり長くは聞けず、いなくなってしまうようです。

12時がチェックアウトでいつ雨が降るかわからないので、早々に食事の準備をしなければ行けません。
フライパンや鍋を汚さないため、卵はゆで卵にしました。
フランスパンとチーズゆで卵、ウインナー等で朝食を済ませ、片づけです。

雨が降ったり止んだりの状態なので、tはコタツの中でゲームをさせて、2人で片づけです。
天気が良ければ教育的にも片づけを手伝わせますが今日はそんな余裕はありません。

雨の合間を縫って、片付いてみると10時30分、ずいぶん早く片付いてしまいました。
大将さんや、管理人さんに挨拶をしてキャンプ場を後にしました。


その後、恒例の温泉です。
キャンプ場で教えていただいた道を通り10〜15分で湯の山温泉「希望荘」に到着です。
大きくて立派な建物ですが温泉は大人500円、子供300円と割安です。
露天風呂からは景色がいいそうですが、今日は雨で煙っていて残念でした。
希望荘でお昼ご飯を食べ、帰路につきましたが、上石津、関ヶ原周辺で雷と雨、雨は一時前が見えないほど降り、午前中でなくて良かったです。

キャンプ場のみなさんお世話になりありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。


最後までお読みいただきありがとうございます、他の内容もぜひこちらからどうぞ

その他の情報及び、感想

三重県三重郡菰野町千草大井6809

グリーンランドあさけ
現地TEL0593−94−2792
受付TEL0593−93−3900

水道が各サイトにありますが、水は沢からの水をろ過しているそうです。
受付で煮沸して飲んで下さいとのことです。
我が家はあさけに限らず、生で口にする場合はペットボトルの水を使用しています。

水道の横にテーブルが置いてあります。
料理にも使えますので、今回はキッチンテーブルは車から出しませんでした。
ベンチも2つあるので、何かと便利です。

今回はそれほどではありませんでしたが、風が強いことが多いそうです。
ペグはしっかりした物を使用しましょう。

今回、少し遊んだだけですがアスレチックがあるので子供にはありがたいです。

川は大きな岩がいっぱいで小さな子供は落ちないよう注意が必要ですが、夏の水遊びには適当な深さです。

私たちは帰りに行きましたが、温泉には10〜15分で行くことが出来ます。

下記が最寄りの病院と警察ですが、このキャンプ場は管理態勢がしっかりしていると思いますので、自分で判断しないで相談することをお勧めします。



最寄りの救急指定病院

四日市社会保険病院
三重県四日市市羽津山町10-8
TEL. 059-331-2000
【 内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 神経内科 精神科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産科 婦人科 眼科 放射線科 麻酔科 リハビリ科 内視鏡科 人工透析 救急 人間ドック 集中治療室 健康診断 】

小山田記念温泉病院
三重県四日市市山田町5538-1
TEL. 059-328-1260
【 内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 精神科 神経科 神経内科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 リハビリ科 人工透析 救急 人間ドック 】

四日市病院
三重県四日市市芝田2-2-37
TEL. 059-354-1111
【 内科 神経内科 精神科 循環器科 消化器科 呼吸器科 小児科 外科 形成外科 心臓血管外科 呼吸器外科 整形外科 脳神経外科 耳鼻咽喉科 皮膚科 泌尿器科 眼科 産科 婦人科 歯科口腔外科 放射線科 リハビリ科 麻酔科 人工透析 救急 人間ドック 】

主体会病院
三重県四日市市城北町8-1
TEL. 059-354-1771
【 内科 神経内科 外科 整形外科 消化器科 循環器科 皮膚科 泌尿器科 放射線科 リハビリ科 人工透析 救急 人間ドック 】

三重県立総合医療センター
三重県四日市市日永5450-132
TEL. 059-345-2321
【 内科 循環器科 消化器科 呼吸器科 小児科 神経内科 精神科 外科 整形外科 脳神経外科 心臓血管外科 呼吸器外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 リハビリ科 眼科 人工透析 救急 】


医療法人三愛 三愛病院
三重郡菰野町宿野神明田432
TEL. 059-393-2210
【 消化器科・胃腸科・内科・整形外科・眼科・放射線科・リハビリ科・内視鏡科・救急・人工透析・人間ドック・デイケア・健康診断 】
三重郡菰野町宿野神明田432

JA三重厚生連 菰野厚生病院
三重郡菰野町福村75
TEL. 059-393-1212
【 内科・小児科・神経内科・外科・整形外科・脳神経外科・婦人科・皮膚科・泌尿器科・肛門科・眼科・救急・人工透析 】



最寄りの警察署

四日市西警察署
三重郡菰野町大字大強原3241
電話:0593−94−0110


お断りキャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は載せておりません、お調べ下さい。
緊急に備え、救急病院、警察署の情報を載せてありますが、実際に電話をかけて確認したわけではありません、電話等が必要な方は再度確認の上、お出掛け下さい。


ご意見・ご質問はsasaki@s-adia.com
Copyright© 2006, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.