このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


   美濃フィッシングエリア(No,6) 2013年8月27日(火) 

 

この夏の猛暑で水温も高く、釣果は期待できませんが、夏休みも終わりに近いので「美濃フィッシングエリア」に行ってきました。



 
釣り初めて5分ほど、tが1匹目を釣りました。
この調子が続けばいいのですが、2匹釣ったところで釣れなくなったようです。

でも、私はまだ釣れていません。
私はいつもの黒い毛鉤ですが、今日は見向きもしません。
そこで黄色や赤の毛鉤に変更、やっと釣れ始めました。



 
今日は猛暑が少し和らぎ、秋らしい風が吹きはじめましたが、まだまだ夏の雰囲気です。



 
今日は大型(40cm近いサイズ)が多く、テンカラの私はかなり苦戦しました。

引きが強く、何とか竿を立てるのですが、立てて耐えているだけでハリスを切られることが多く、仕掛を直している時間が多いです。
できる限り細いハリスを使っていますが、サイズが大きい時は少し太くする必要がありそうです。

7時から釣り始め、実質4時間強の釣果はtが6匹、私が18匹、回りの方が釣れていない中でいい方だったようです。

これまで私は黒の毛鉤と白の毛鉤の2種類のみで釣って来ましたが、今回は何種類か追加しました。
その中で大きめの黒い毛鉤が昼頃結果が良かったのです。
小型のニジマスが見向きしないなか、大型のニジマスがゆっくり近づき、迷うそぶりもなく毛鉤をくわえる姿は何とも不思議なものを見るような気がしました。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.