このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  月見ヶ原フィッシングセンター 2012年12月8日(土) 

 
本来は私もテンカラで釣れる「美濃フィッシングエリア」に行きたかったのですが、雪の予報もあり断念、自宅から30〜40分程度で行けて平地にある「月見ヶ原フィッシングセンター」に行ってきました。


到着し受付に行き、「中学生1人です」と1500円を払おうすると、「今日はただだよ」初めてで知らないで行きましたが、第2第4土曜日は女性・小中学生は無料とのこと、ラッキーな日でした。



 
天気が怪しいこともありオープンの7時より遅れて行ったのですが、すでにいいポイント(ネットで見ると、岩の下流が一番いいポイントらしいです)は人で一杯です。
左手前で座って準備しているのがtですが、駐車場のあるこちら側はフライフィッシングの釣り人がいるだけでルアーの人はすべて対岸です。



 
天気予報に反して風もなく晴れているので、私は椅子と久しぶりに使うPRIMUSのスイングヒーターを出して見学です。



 
最初に入った場所でしばらくがんばっていますが、飛距離も伸びず気合いが入っていない様子、当然良さそうなポイントに届く場所ではありません。

気合いが入らないように見えた理由は後から聞くと、対岸からルアーが飛んでくることで自分のルアーと絡むことが怖かったようです。
また、対岸に移った時も左右が近いのでコントロールに自身がないtは力が抜けたような釣りになったようです。
先日のキャンプでの、あまりにもいい環境とくらべると無理もないかもしれません。



 
対岸に移りましたが、空いている一番外れは岩からかなり離れています。



 
9時に放流がありましたが、結局釣ることができませんでした。
でも、釣り人の位置に合わせて、何カ所にも分けて放流して貰えるきめ細かさです。



 
tの左の方とその左2人が一番多く釣っておられ、やはり岩の下流の狭い範囲が一番いいポイントのようです。
そのすぐ横の岩の近くですから釣れそうなものですが、やはり釣れません。
まだまだ修行が足りないようです。



 
その後、駐車場側から岩に近いところで釣った唯一の1匹です。
私は車の中にいて、気付いた時は釣り上げた後、釣った写真は撮れませんでした。


1時ころ2回目の放流があり、tのすぐ足もとにも放流してもらえたのですが、運悪く放流後1投目に水中に放置されたテグスに引っかかり、しばらく釣ることができず、ここでも釣ることができませんでした。

午後は風が強く、雪が降って天気予報とおりの1日になりましたが、1匹でも釣れてよかったです。
ここは10匹まで持ち帰れますが、唯一の1匹を持ち帰り塩焼きにしました。

無料のサービスデイも、2回の放流、持ち帰りでき、大サービスの釣り場です。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.