このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  美濃フィッシングエリア(No,2) 2012年6月24日(日) 

 
朝1番の1匹目です。

今回も美濃フィッシングエリアに行ってきました。
前回はお昼からのスタートで朝1番の好機に釣ることが出来なかったので、今回は朝から釣ることができるよう5時に自宅を出ました。

今回はtと私の2人、mと一緒でない遊びは今回が初めてですが、キャンプなどと違って、待つしかない釣りなので仕方ないでしょう。

前回の時間帯と違い、道路は空いています。
5時に自宅を出て、美濃フィッシングエリアの駐車場には5時55分に着いてしまいました。
mに作ってもらったおにぎりで腹ごしらえしながら、受付が開くのを待ちました。

釣りスタート時間の7時には私たちを含め5人だけで、朝1番は空いています。
少し前から放流もされていて楽しみです。

7時に釣り場のポンド(池)に移動、先に準備が出来ていたtが釣り始めました。
直に1匹目が釣れ、流石朝一番の放流直後です。

私も釣り初めてすぐに釣れましたが、2匹目でいきなり「バキッ」と音がして竿が軽くなりました。
一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、竿の継ぎ目が割れて、竿先3分の2が魚にひかれて水面を滑って行きます。

今回の竿は2度目の使用ですが、継ぎ目にヒビが入り抜けたようで、やはり安物はだめでしょうか。
そんなバタバタしている私の近くではtが写真を撮ってもらっています。
ホームページのアルバムに載せて貰えるらしいです。

実は前回は釣りが終わった後、tの竿の先が折れました。
これは自分で修理できましたが、やはり予備が必要と、2人分の予備の竿を準備してきました。
予備がなかったら、1日私はすることがなかったところです。

流れた竿先は邪魔にもなるので回収する必要があります。
tに重い目のルアーに替えてもらい、取ってもらいました。
そんなことでtも一番いい時間に釣ることが出来ず、随分叱られてしまいました。

そして、tの釣果は5匹、私が22匹、tは前回の1匹よりは釣れたものの午後からは釣れず、私は、前回より4時間も長かった割に12匹少なく、2人ともリベンジを誓う結果となりました。

また、私はこの池で最大級と思われるニジマスがかかりましたが、呆気なくハリスを切られました。



 
今日の予定は5時終了でしたが、4時半ころに終わりにして、くつろいでいます。
自然の中で食べるカップヌードルやパンが美味しかったです。



このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.