このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  NEOキャンピングパーク(コテージ) 2012年3月24日(土)〜25日(日) 

 

NEOキャンピングパーク」今回はアウトドアではありませんが、2012年1月7日(土)〜9日(月)の雪中キャンプで頂いたコテージ宿泊券を利用させていただきました。


午後1時出発 午後2時45分到着
天気:24日曇り、夜雨 25日雪
今回のメンバー:K君(tの同級生)、m、t、私


tが小さな頃、旅館やコテージには何回か泊まっていますが、本人にとってはテント以外に泊まるのは初めて、そして同級生と一緒、プリウスα納車後最初のドライブ(前の車は14年乗ったので、生まれる前の購入で、新車の経験は初めて)、ゲームは時間制限なしと、夢の2日間です。

到着後、荷物をリレーで運び、部屋を決めます。
私たち夫婦はベットのある洋室、2階の和室が子ども達に決定です。



 
立派なコテージで大喜びの子ども達です。



 
部屋が決まったら、早々にカードゲームを始めました。



 
mはご飯の準備です。



 
今回の2日間は偶然イベントの日と重なりましたが、到着も遅く、イベントには不参加の予定でした。
それでも、自由に参加していいと言っていただき、餅つきに参加させていただきました。



 



 
丁度夕方で、さぞや美味しいことでしょう。

餅つきにはmが同行し、私はコテージでくつろいでました。



 
帰ってきたら今度は寝室で通信ゲームです。



 
今夜の食材です。



 
炊き込みご飯をそれぞれ4〜5杯、肉は全体の3分の2、2人が食べている間、私たちが食べる隙はありませんでした。



 
やはり、飛騨牛が一番人気です。(笑)
いろいろ取り揃えて、量を稼がないと予算が持ちません。



 



 
食後は、カードゲームです。
途中、管理棟のお風呂に行かせましたが、その後寝たのは深夜2時頃だったようです。



 
私たちの寝た寝室です。

翌朝6時半くらいでしょうか、mの小さな悲鳴で目が覚めました。



 
外は真っ白、雪がちらちら降っています。
車は納車間もなくで、タイヤはノーマル、チェーンも用意していません。
天気情報では朝だけ雪で雨になりそうなので何とかなるでしょう。



 
予想に反して雪は止まず、積雪は朝の倍くらいになっています。



 
普通は10時がチェックアウトですが、イベントのため12時まで居られます。
開き直って、ゆっくり食事です。
昨夜の残りの炊き込みご飯に、ハンバーガーです。



 
目の前で焼いて挟むだけのハンバーガーは、キャンプでも我が家の定番メニューになっています。

その後も、雪は降り止まず、車の上で20cm、コテージ回りの路上では15cm、待っていてもどうにもならないので、11時頃コテージを出ました。
車を動かしてみると、幸い雪が新雪のため、滑ることなくブレーキも効きます。



 
コテージ前から見る風景は、降り続く雪で、真冬に逆戻りです。


管理棟でチェックアウト、予定の温泉は中止、地震断層観察館に向かいました。
スタッフのみなさん、お世話になりました。

道中、轍があり、凍っていないこと、緩い下りがほとんどのため、不安を感じることなく無事走ることができました、



 
地震断層観察館の中で見られる濃尾大震災の実物の根尾谷断層です。
これだけ、地面がずれるのですから、想像するだけで恐ろしいです。


その後、今回もモレラのフードコートでお昼ご飯を食べ帰宅しました。

今回はアウトドアとは無関係な2日間でしたが、tとK君にとっては最初で最後のゲーム無制限の楽しい2日間だったと思います。



お断り:キャンプ場に関する情報は私個人の印象であり、年、季節、曜日、天気、サイト等が違えば変化するものと思います、参考にされる場合はご承知おき下さい。自由な事を書かせて頂くためキャンプ場のリンクは敢えて許可は頂いておりません、キャンプをする人に情報を提供するのが目的で基本的には善意であることをご考慮頂き勝手なリンクをお許し頂けることを願っております。もしリンクを外すことが必要な場合はメールでご連絡をお願いいたします。
キャンプ場の料金はホームページで確認できる場合は基本的に載せておりません、お調べ下さい。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.