このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  国見岳スキー場 2012年2月26日(日) 

 

国見岳スキー場」は今回で3回目ですが、集落の間を通る道幅が狭く、ガードレールがない場所もあり、道路に雪がないとありがたいです。

土曜日の昨日行く予定でしたが、雨の天気予報で日曜に変更、5時10分ほどに出発、7時頃到着しました。
ゲレンデに一番近い駐車場に入れましたが、雪がちらついています。
しばらく車でゆっくりします。

道中食べながら来た、おにぎりの他、パンなどを食べて朝ご飯です。



 

午前9時頃、右の方のゲレンデは凍っています。
整地した雪面は細かなでこぼこがあり、足の底から激しい振動が伝わってくる状態です。
また、雪が溜まったところでは、重い雪に足が取られます。

疲れるコンディションの雪質で、tの靴は少し伸ばした(爪先は当たらないようになりました)とは言え、巾がギリギリで、前回出来たくるぶし下の靴擦れと同じ場所が当たるようです。

まだ10時頃ですが早めの休憩をすることにしました。

休憩直後、何か放送で言っています。
先程まで滑っていたゲレンデのリフトが緊急停止したようで、これから救助するようです。

怪我人などが出た様子はありませんが、あのまま滑っていたら宙吊りのまま待つことになったかもしれません。

3本のリフトのうち1本が止まったので、他のリフトが混み始めました。
まだ10時半過ぎたばかりで早いですがお昼ご飯を食べることにしました。



 
tはエビフライと唐揚げです。
前回と同じ物を食べてますが、写真を比べると量は変わっていないようです。(笑)
カリッと揚がって美味しいと言ってました。



 
mはさすがにお腹が減っていないらしく、ラーメンです。



 
私は3回目の今回も同じ味噌カツ定食です。
小鉢の内容が少し増えたかな。
多少大きさの差はあっても毎回美味しいです。


 
2010年の味噌カツ定食です。
味噌も少なく、やはりこの時が一番貧弱ですね。


 
2008年の味噌カツ定食、このボリュームには感激しました。(笑)



 
昼食後ですが、まだ午前中で凍っています。



 
ゲレンデが貸し切り状態ですが、実はこの時リフトは止まっています。

午前中止まってしまったリフトには普通なら用心して乗りたくないです。
ところがtは救助されてみたくて乗ろうと言います。
まさか、また止まることはないだろうと乗ったのですが、途中で停止、幸い1分ほどで動きましたが、私たち3人が降りた直後、再び停止している状態です。

その結果、tはあと何人か後に乗れば良かったと悔しがっていますが、私とm、特にmはホッとしていました。



 
止まってしまったリフトから救出中ですが、リフトから滑り降りる瞬間が一番怖いでしょうね。



 
ロープで宙吊りになった瞬間です。
怪我人がいる訳ではないので、のんびり写真を撮っていますが、みなさん待たされてお気の毒でした。



 
午後からは雪が溶けてかなり重いです。
tの足は靴擦れが剥けて、バンドエイドを貼っても痛いようです。
バックで滑ると当たるところが変わるようで痛くないようです。

少し早いですが、かなり滑りにくい雪質なので、早めに引き上げることにしました。


前回の揖斐高原スキー場の帰りに大回りして寄った、「かすがモリモリ村リフレッシュ館(薬草風呂)」(国見岳スキー場のリフト券で割引があります)に寄ってから、これも前回と同じくモレラに寄りました。



 
モレラで食べたたこ焼きです。
滑り終わってから食べたパンやお菓子でさすが夕食は無理なのでおやつです。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.