このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  揖斐高原スキー場 2011年1月29日 
今年の豪雪で揖斐高原スキー場は1月後半に220cm程まで積雪が増え、今回行った29日も190cmでした。
そして、この日記を書いている今、積雪は250cmとなっています。

そして、今年の揖斐高原スキー場は子どものリフト券が無料となっています。
我が家は各種割引を利用して、リフト券は4500円の出費ですみました。

この日、昨年の早く着きすぎた経験から、4時45分出発、それでも6時に到着で駐車場に一番乗りでした。
その原因は道路が乾いた状態で、積雪があったのは駐車場手前の100m〜200m程度、スキー場の積雪が多くて道路の積雪がない理想的な状態の為でした。
もう1つ、去年の夏からナビが新しくなったので、今回初めてナビお任せで走った為もありそうです。

それにしても、自宅から1時間15分のスキー場で積雪2m近く、到着時の気温がマイナス7℃とは、私の知る限り過去最高ではないでしょうか。

到着後しばらく仮眠、その後、お湯を沸かしてカップシチューを食べ、スクールの受付をしました。
tのスクールはシーズン最初に基本を思い出すため、午前中のみですが恒例となっています。


スクールの時間を待つ間、1本だけ滑りました。
午後はまた降りそうですが、晴れています。
駐車場係の方のお話では、毎日雪で、降っていない日は久しぶりだそうです。
mのウエアは今年新しくなり、堂々と記念撮影に参加です。(笑)


準備運動代わりの1本目です。
時間は9時を過ぎていますが、たぶん気温はマイナス、雪質が良くて滑りやすいです。


そろそろボーゲンを卒業して欲しいですが、1シーズン2回程度のスキーではまだまだかな。
スピードだけは出るようになり、すっ飛んで行きます。


tのスキー板とストック、靴は買い換えて新品です。
代わりに少し小さめになったウエアは我慢してもらいます。

さて、この後tはスクールに参加で、私たちはのんびりさせてもらいました。


tの昼食です。
肉まんと牛丼(並盛り)です。


私は牛丼大盛り、紅生姜も大盛りです。

今回の牛丼、特にタマネギは凄く薄味でした。
私は岐阜の一般的な味覚より薄味好みだと思うのですが、それでも不満に感じるほど薄味、去年も牛丼を食べていたtも薄いと言っていたので、かなり味が変わったようです。
次回は車でカップ麺かな?


mはカレーです。


昼からは駐車場のおじさんの予報通り雪になり、この写真のころはかなり降っています。


林の下の方から雪が吹き出しているのが分かりますでしょうか。
午後からは風が強く、リフトに乗っていると顔が冷たいです。


立ち止まると、2人とも寒そうです。(笑)

4時近くまで滑って終了にしましたが、1日を通して雪質がよく、寒さのお陰で快適でした。

帰りはいつもの温泉、「白龍の湯」に寄りましたが、ここは安くて空いているのはいいのですが、露天風呂しかなく、洗い場が建物の外を仕切ったスペースでかなり寒いです。
それでも、スキー場から5分程度で移動できるお風呂はありがたいです。
今回は雪の中で頭が冷えて、温めのお湯にじっくり浸かって快適でした。
大人400円、子ども200円ですが、我が家は「ぎふっこカード」で割引があり合計850円でした。

普通なら帰りに何処かで夕食を食べますが、滑った後のおやつでお腹が一杯らしくtが寝てしまい、そのまま帰りました。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.