このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  ひるがの高原キャンプ場(ナチュログ 中部オフ) 2008年5月17日(土)〜18日(日) 


AM7:00出発 一般道でひるがの高原スキー場到着AM9:00
ひるがの高原キャンプ場到着AM9:30
天気:晴ときどき曇

今回のキャンプはいつもと違い、ナチュログ 中部オフです。
キャンプ場近くに到着したのはAM9:00、少し早いのでスキー場の水芭蕉などを見てからキャンプ場に移動、受付で聞くとすでに6組の方が到着しているそうで、さっそく「赤松園テントサイト」に向かいます。
「から松園テントサイト」横の道を通り奥で橋を渡って「赤松園テントサイト」に入り、下に向かって走るとほとんど設営が終わったテントが見えます。
中に見覚えがあるtomo0104さんの車を見つけ、隣にテントを張らせていただきました。
右には「もりりん」さんのキャンピングカー、正面には「スローライフ」さんのティエラが見えます。
以前(2004年9月)来たとき、「赤松園テントサイト」はかなり自然なままで、雨が降ると大変かなと思ったのですが、排水路が整備され、道路が舗装され使いやすくなっています。
と言っても十分自然な感じが残されているので気持ちよく過ごせそうです。

今回は1泊なので手間のかからない“SF5410DX”を使いました。
設営を早々に済ませ、少し離れたところを見ると、「堀耕作」さんのサイトが。
まだ到着されていないと思っていたら8時過ぎに到着されたようです。


お断り
今回、みなさんのサイトへはご挨拶にも伺わず、写真も全く撮影していません。
t(息子)は他のお子さん達と遊ぶのに任せ、夫婦2人のんびりさせていただきました。
みなさんへの失礼はここで改めてお詫び申し上げます。

記念に参加者のみなさまのブログをリンクしておきます。
みなさん、沢山の写真等を掲載されていますのでよろしかったらご覧下さい。
目指せ!ママのソロキャンプ もりりんさん
Viva Outdoor Life 堀耕作さん
おそとにでかけよう mizu-kenさん
スローライフの二人言 スローライフさん
のんびりキャンプを目指して・・・ dacyanさん
使いこなせてる〜? liltさん
キャンプって・・・ エコパパさん
Camper's delight きむさん
バイクツーリングとキャンプと家族の日記(別室) すずさん
へなちょこキャンプ道中 take-papaさん
みみすけのキャンプファミリー日記 みみすけさん
子連れキャンプ tomo0104さん(副幹事さん)
めざせ!スロ〜キャンプ♪ しましまパパ(幹事さん)
私のアウトドア(防災とキャンプ用品) 私、ADIAです。
(順番は幹事さんのブログの順番を利用させていただきました。)


tは設営を手伝うこともなく、サイトが決まったとたん飛び出して帰ってきません。
最初は堀耕作さんのところにお邪魔して、娘さんや他のお子さんとトランプをしていたようです。
ご迷惑をかけなかったかな?


設営後のお昼ご飯はウインナーを焼いて、ホットドックです。
自分で挟んで何本も食べました。


tは昼ご飯を早々に食べ、すぐにどこかに行ってしまいます。
しかし、声は何処からか伝わってきます。
この写真の場所にはアカハライモリがいたようで、すでにどろんこです。


おっと危なそうなところを覗いてますね。


でも、こんな感じで浅いですから落ちても汚れるだけでしょう。
水は山から流れ出しているので、冷たくて綺麗です。


地面は一面落ち葉で被われ晩秋のようです。
落ち葉の上に雪が積もり、春になってそのまま現れた落ち葉はぺしゃんこになっています。
でも、新緑は春らしく鮮やかです。


後ろからの見たところ もりりんさんのキャンピングカーが見えています。


グランドではドッジボールかな。

午後は私たちのサイトに来ていただいた方とお話ししたりのんびり楽しく過ごしました。
それでも他の方のサイトに行こうとしない私は、、、(^^;;
カッコウが遠くで鳴いて高原の心地よさをたっぷり味わいました。


3時半から始まるイベントの景品です。
子供用にたっぷりお菓子が入っています。
お酒類は夜になるとtomaさんのバーがオープンすると思われます。


こちらは大人用? 子供達も狙ってます。


イベントがはじまる前のちょっとした隙にヤゴを捕まえたようです。
おいおい着替えたばかりだよ。


人間感覚コンテストの始まりです。
後ろ向きに歩いて決められた距離を進みます。


競技中


子供達の感覚は鋭いらしく接戦です。


tは3位を頂きご機嫌です。
それにしても派手なシャツですね。
親の趣味ではないので念のため。(笑)

大人も同じ競技をしました。
結果は堀さんが1位、m(妻)が2位、私は番外でした。
そして目を閉じて時間を当てる競技もしました。


左:m、あまり大きく顔を出すと叱られるので、、、。
右:堀さんの奥様、堀さんとは子供は出していい取り決めですが、奥様は許可を頂いていないため残念ですが、、、。


セルフタイマーをセットして、、、


まじめバージョンの後の、○○○○バージョン。
カメラが何台もあるので、みなさん見ている方向がバラバラですね。


競技と記念撮影後、景品の引渡。
子供達は大きなお菓子の袋を持っていますが、まだ何か?


ここで、スローライフさんのイラストによる人物当てゲームです。
ヒントを沢山頂きましたが、ヒントが多すぎて私の記憶力では付いていけないです。
私自身のイラストさえ間違えました。(^^;;


夕食です。
「いただきま〜す」


今回は飛騨牛の牛スジを使ったシチューです。
キャンプ場で手間をかけないで時間を作るため、自宅で8割ほど煮込み冷凍にしてきました。
飛騨牛の牛スジ2kgほど圧力鍋で煮込み、お湯は捨てました。
そこにデミグラスソースの缶詰3缶、赤ワイン1本、タマネギ4個、ブイヨン、黒コショウ、岩塩、チョコレート、ローリエを加えて煮込み持参しました。
キャンプ場で茹でた人参、ジャガイモを加え、茹でたブロッコリー添えて完成です。

沢山作ったので、夜、一部のみなさんに召し上がっていただきましたが、ほんとうのところ味はどうだったのでしょうね。(人参が少し固かったはずです)


GWはキャンプに行けず、少々ストレスが溜まっていたので、今回のオフに合わせて表札を作りました。
堀さんのご要望(?)もありましたので簡単に説明します。
本体は5mmのアルミ板を切り抜いて作りました。
上の横棒はステンレスの棒を熱して叩き、凸凹模様をつけ、先端は丸めました。
ハイマウントのフォレストヒルキャンドルはキャンドルの代わりに雪丘工房のタブオイルランタンを使っていますが、もちろんキャンドルも使えます。
フォレストヒルを少し前に出すことでアルミ板の名前に光があたるようにしています。
アルミ板の表面は、より光りやすくするため、縦にサンドペーパーをかけ、ヘアーライン状に仕上げました。
前に出したことで重心が狂うので裏の一番下に鉛の棒を張っています。
取り付けたアルミの角棒は上部に切り込みを入れ、プレートを取り付けた棒が回転しないよう固定してあります。
アルミの角棒の内側にあわせて、ステンレスの棒にガムテープを巻きました。


今回は暗い照明なので表札のランタンも目立ちます。
この明るさだとムードはいいですが、何か作業するには暗いですね。


今夜は月夜です。


オフ会夜の部は焚き火をしながら、自己紹介とお土産交換、そして大人はお酒、子供達は花火です。
花火はみなさんがお持ちいただいたもので遊ばせていただきありがとうございました。


いつもは一度に1本と言っていますが、この時は地面に刺さっているし、両手にもっているし、みんなそろって羽目を外したようですね。(笑)


堀さんのお嬢さんを両側に、、、両手に花ですね。
大人達は後ろで、話とお酒に盛り上がっています。


堀さん、写真を撮っていただいてありがとうございます。

その後、10時に一旦お開き、我が家は子供に合わせて寝る準備です。
私は11時頃寝たと思います。
幹事さん達は1時過ぎだったようでお疲れ様でした。


2日目
朝、目を覚ますと6時、きょうも良い天気です。
明け方の最低気温は4℃でそれほど寒くもなく快適でした。


朝ご飯は写真のようにマフィンにチーズなどと、取り分けて残しておいたシチューです。
朝からたっぷり食べました。

撤収もティエラとくらべかなり楽で、途中コーヒーを飲んだり余裕です。
tは朝ご飯を食べるのももどかしいように、飛び出して行ったきり遊んでいます。
今回のtは設営も撤収も見ていません。

tはチェックアウトの12時が近づいても戻ってこないため、車を管理棟に移動、チェックアウトを済ませてからtの着替えをしました。

その後管理棟前で帰られるみなさんとお話をして、キャンプ場ともオフ会ともお別れです。

幹事さん、副幹事さん、ゲームの進行役の方々、そしてみなさま、大変お世話になりました。
オフ会にも関わらず、ゆっくりしたキャンプを楽しませていただきました。


キャンプ場で食べる予定だったラーメンを食べないで出たため、コンビニでおにぎりやサンドイッチを買って、お腹が少し落ち着いてから温泉に寄りました。
温泉は、いつも行く高鷲IC近くの“湯の平温泉”です。
ここは小さいためスキーの時期は混んで大変ですが、今日は快適でした。

帰りは、お土産を買ったり、仮眠をしたりして適当に時間を潰して夕方岐阜市内に到着、恒例の回転寿司に寄って帰りました。



その他の情報・感想

ひるがの高原キャンプ場
岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4714番地2
TEL 0575-73-2331



東海北陸自動車道を使ってアクセスする場合、ETCを使用しない場合は「高鷲I.C」または「荘川I.C」利用となりますが、ETCを使用する場合は、「ひるがの高原サービスエリア」から(スマートI.C)利用で出入りできます。
その後はやまびこロードから156号線を右折して、左側のガソリンスタンドが入り口への目印になります。
ひるがの高原キャンプ場のアクセスマップ参照。

本文にも書きましたが、「赤松園テントサイト」はかなり整備されたようです。
道路は舗装されましたが、自然な幹事を損なうほどではありません。
水路も整備され、今回は雨が降らず、詳しくは判りませんが、水はけは良くなったでしょうね。
今回グランド横の奥まった位置に設営しましたが、土が軟らかく、40cmのソリッドステークを使用しました。
今回、風はありませんでしたが、風が強いとき、大型タープは40cmでも抜ける可能性があります。
トイレは従来のままのようなので、「赤松園テントサイト」の奥は少々不便です。
しかし、林の感じは自然でかなりいい雰囲気です。


最寄りの救急指定病院

特定医療法人社団白鳳会
鷲見病院  TEL0575−82−3151
郡上市白鳥町白鳥2-1
外科 内科 脳神経外科 整形外科 眼科 耳鼻咽喉科 麻酔科 リハビリ科 歯科 救急

白鳥町国保
白鳥病院  TEL0575−82−3131
郡上市白鳥町為真1205-1
内科 循環器科 外科 小児科 産科 婦人科 放射線科 リハビリ科 人工透析  救急

郡上広域組合
郡上中央病院  TEL0575−67−1611
郡上市八幡町島谷1264
内科 外科 小児科 整形外科 脳神経外科 泌尿器科 産科 婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリ科 人工透析 救急



最寄りの警察署
郡上警察署
郡上市八幡町中坪3−3−1
TEL0575−67−0110


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.