このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  川遊び 2007年8月16日(木) 


お盆の何日か、mとtがmの実家に帰り、私も16日に遊びに行ってきました。
この川は、mの実家のすぐ前の川ですが、これまで、ほとんど魚の姿がなく、義父から昔は魚が沢山いた話を聞くだけでした。

魚がいないのは少し下流にある堰堤の為ですが、特に、ここ何年かは護岸の改修工事が行われ、赤茶けた状態だったのが去年辺りからきれいになり、小さな魚もちらほら見られるようになりました。

そして、今年はアユが放流され、小ぶりながらもアユが泳ぐ姿が見られます。
雑魚も随分増えました。

妻の実家の前に川がありながら、昔話を聞くばかりで寂しいと思っていた私ですが、やっと川遊びらしい川遊びができるようになりました。
mも子供の頃、夏はここで泳いでいたようです。

tも以前から水遊びはしていても、魚がすくえる環境は楽しみが倍増します。
稚魚達は警戒心がないのか、簡単にすくえます。
今回は煮干しを砕いて餌にしてみましたが、小魚がすぐに集まってきます。


地形は大雨が降ると変わりますが、この写真のような少し深い(水深1mほど)ところもあり、遊ぶには最適です。
山から流れ出たばかりの水は、例年なら冷たく長くは入れませんが、今年は猛暑で水温も高く、全身浸かっていても寒くなることはありませんでした。





義父が友釣りと網で捕った鮎を食べましたが、澄み切った水で育ったアユは小さめでしたが美味しかったです。

私たち家族にとって、夏の楽しみが1つ増えました。

注意:アユの友釣り、網、共に遊漁鑑札証の購入が必要です。
また、ここは車の駐車スペースもなく、外部から来て遊ぶには不向きです。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.