このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  グリーンウッド関ヶ原(No,4) 2007年1月4日(木)〜5日(金) 

午前8時20分出発、到着9時30分
天気薄曇り

今回は3年ぶりの「グリーンウッド関ヶ原」、そして1月のキャンプは初めてのことです。
チェックインは1時30分ですが、デイキャンプ料金(1,500円)の追加で午前9時から入場できます。

今回のサイトはA4で以前にも利用しています。
料金はAサイト(3,100円) Bサイト(2,900円) 入場料大人(500円)小人(300円)で、電源使用料が含まれますから割安だと思います。

今日は年末年始の方も帰られた後か、コテージも含みお客は私たちだけ、完全に貸しきりです。
サイトに入り、最初にちびストーブの場所を芝生が剥げたところに決めました。
そしてそこが一番風下になるようテントを張りました。

昨年秋、冬のキャンプ用に、以前使っていたスクリーン2ルームハウス(コールマン)を改造しました。
真冬キャンプシミュレーション防火対策完成!をご覧下さい。

また、ちびストーブ用延長煙突も製作(改造)しておきました。

ちびストーブのノーマルの煙突のままでは短いので、延長煙突を追加しましたが、燃焼具合が問題です。
横の延長煙突や縦の延長煙突の比率を変えて、最後に落ち着いたのが下の状態です。
横:ノーマルに、縦のノーマル煙突1本追加。
縦:ノーマル煙突2本に、90cmと45cm各1追加。
煙突の繋ぎ目にはアルミの粘着テープを使いました。


また、90cmには風が強い場合、ペグダウン出来るよう3つの金具を取り付けました。
今回はペグダウンしませんでしたが、パイルドライバーで煙突が倒れないようするのに、針金で縛る事が出来便利でした。


最初は燻りましたが、ストーブが温まると問題なく、煙があまり見えないくらい完全燃焼していたようです。


テントのリビング部分はこんな感じです。
ちびストーブにステンレスDOを乗せ、鍋をしました。
ティエラに比べ狭いですが、リビング部分にインナーテントがあり結露し難いこと、天井に平らな部分がないので雪でも強そうなこと、裾部分に空きが多いため空気の出入りが多いことなど、この状態で冬キャンプには利点が多いです。


ちびストーブ側がメッシュを巻き取ってあるため、隙間が5cmほどできます。


しかし、念のため一酸化炭素警報機を使用しました。


煙突の調節は今回初めてだったため、少々時間がかかりました。
tはその間キックスケーターで遊んでいましたが、冬の時期の他のお客さんが居ないときだけ許す事にしています。
ここは舗装路のため、混む時期でもキックスケーターで遊ぶ子供が多いようです。
車が通り危険なこと、朝早くでもお構いなしに遊び、タイヤと路面の音が案外うるさいことなど、親がもう少し注意する必要があると思います。

その後、お昼ご飯はステンレスDOを蒸し器にして、肉まん、ピザマン、あんまんを食べました。

お昼頃、少し風が吹き始めました。
ここは以前来たとき、例外なく風が吹きました。
今日の午前中は風がなく、今もまだそれほど強い風ではありませんが、強く吹き初めてからでは大変なので防風ネットを張りました。

 
風が出てきたので、カイトで遊ぶには好都合です。
今日のキャンプ場は貸し切り状態で、フリーサイトの広場は独占できます。

カイトはいつも、自宅前の公園で上げますが、山で囲まれた公園は風が巻いて上げるのに苦労します。
今日はあっと言う間に凧糸全部の高さまで上がり、落ちてきません。
贅沢な話ですが、簡単に上がるとそれはそれで、持っている手が疲れたとか言っています。
私もスポーツカイトで遊びましたが、最初に持っていてもらう必要があり、飛んでも操作が下手なため、ほどほどで諦めました。


夕暮れ
この後、管理人さんが帰宅されると本当に私たち3人だけになります。


今日の夕食はお正月らしくカニ鍋です。
昆布を水から入れ、粉末の和風出汁、醤油で薄味に仕上げました。
中身はズワイガニと白菜、キノコ類、そしてカラを取ったしゃぶしゃぶ用も美味しかったです。
食後は何でもないロールケーキですが、美味しかったです。
写真の後ろに移っている丸い物は湯たんぽです。

鍋は、ちびストーブで調理していますが、ステンレスDOは温まるのに時間がかかるようです。
しかし、一度沸騰し始めると冷えにくいようです。
ちびストーブの火が強いとき、空気取り入れ口を閉じるとある程度火力が落ちますが、それでも火が強い時は、側面に穴を沢山開けたアルミバットをちびストーブの上に伏せ、その上にステンレスDOをのせて、火力を弱めました。

食事が終わり食器を洗った後は、焚き火と違い、外に出ることもないためtは少々退屈しています。

外気温は0℃程度まで下がっていますが、テント内は17〜18℃で快適です。
室温を上げるつもりになれば22〜23℃まで簡単に上がりますが、暑すぎて息苦しくなります。
寝室スペースも開けて置いたので暖かです。
シュラフの中も湯たんぽで暖かです。

tが早めに寝てくれると私たち親の時間が出来るので、9時ころシュラフに入らせましたが、シュラフの上には羽毛布団が掛けてあるため、暑がってシュラフと布団の間で転げ回っています。
mは何度もシュラフと布団をセット仕直す必要がありました。

tが寝た後、しばらくしてmも眠いようです。
パジャマ1枚でもテントは暖かです。
私はストーブに薪を入れるのを止め、室温が10℃近くにまで下がるのを待ちましたが、すでに2人の寝息が聞こえてきます。
名神高速が近いので、遠くで車の走る音が聞こえますが、途切れない音なので気になることもなく、うたた寝しそうです。
寝る前に見た空は快晴、月と星が瞬いていました。


2日目
朝目を覚ますと5時45分、今現在の外気温はマイナス2.8℃、室温はマイナス0.8℃、最低外気温を見るとマイナス3.4度でした。
今回は電源のあるサイトですが、照明に使っただけで暖房関係はちびストーブと湯たんぽです。
シュラフは3シーズン用の封筒型を広げ2枚を敷きと掛けで繋いで3人一緒に入っています。
そして、上にダブルの羽毛布団を掛けています。
暖かく寝れましたから、まだ気温が下がっても余裕がありそうです。

起きたとき、ちびストーブに触れてみると、わずかですが暖かさが残っています。
外に出ることなく火が入れられるので、少し明るくなるまで温まりながら待ちました。
天気は風もなく快晴です。


朝ご飯も残り物のカニ鍋をストーブにのせ、白菜、うどん、焼いたお餅、卵を入れました。

キャンプでパジャマを着たのは初めてですが、フリースのパジャマは暖かでした。
朝もほとんど外に出なくていいので、しばらく着替えないでのんびり、チェックアウトは12時ですが、延長予定です。
外気温が7〜8℃に暖かくなってから、テントの撤収を始めました。
お昼ご飯までちびストーブはそのままですが、テントを撤収するには煙突を抜く必要があります。
防火エプロンの下を切り、設営、撤収共に煙突を付けてからテントをセットできると便利ですが、防火エプロンの場合、ガラス繊維なので後の処理を考えると問題があります。
将来的には溶接用の防火布に交換する方が良さそうです。


ちびストーブとテーブルを残し撤収後、カップラーメンとお餅を焼いて食べました。
今回のキャンプで使った「焼き餅醤油」です。
昔ながらの製法で醸造された醤油にみりんと砂糖が加えられています。
キャンプではこのまま何もしなくても使えるので凄く便利で美味しいですよ。
販売先(会社ホームページ)をご紹介します。


その後、ちびストーブに残った燠は、消し壺に入れて撤収しました。
回りを断熱した消し壺はすぐに車に積むことが出来、すごく便利でした。

今回1時30分にキャンプ場を出ましたが、延長料金は1時間単位200円で400円の追加です。
早着、延長は他のお客様との兼ね合いがあるので、事前に相談した方がいいと思います。

キャンプ場の後はお風呂です。
以前「リバーランズ角川」の帰りに入った薬草風呂ですが、道を調べていなかったのでナビを見ることもしないでよくわかっている道まで戻ることにしました。
キャンプ場から関ヶ原の交差点まで戻り、北方向へ左折、伊吹山ドライブウエイ入り口前を通過して、米原市にある“ジョイいぶき(伊吹薬草の里文化センター)”の薬草風呂に行きました。
ここは少し狭くて温泉ではありませんが、値段が安くていいです。
大人300円、子供150円

その後、岐阜まで帰り、恒例の回転寿司で夕食を食べました。


今回のキャンプは貸し切りで快適でした。
到着時、お餅と干し柿をいただきました。
管理人さん、お世話になりありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。


ご注意・お断り
私に限らず、テントやスクリーンタープの中でストーブ等、火気を使用して楽しんでいらっしゃる方が多いと思いますが、火事や一酸化炭素中毒の危険があり、当然キャンプ用品メーカーからは禁止されたことです。
トラブルが発生しても何も責任は持てませんので、このような行為は自己責任で行って下さい。



その他の情報

岐阜県不破郡関ヶ原町大字今須2048番地  TEL 0584-41-0033



2003年10月4日 2003年11月8日 2004年3月6日の日記にも情報があります。
上部フレームのリンク、またはこちらからまとめて見られます。


最寄りの救急指定病院

国民健康保険 関ヶ原病院 TEL0584-43-1122
岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原2490-29
内科 外科 脳神経外科 整形外科 耳鼻咽喉科 小児科 眼科 皮膚科 泌尿器科 放射線科 リハビリ科 歯科口腔外科 人
工透析 救急

医療法人社団紫水会 藤井病院 TEL0584-43-0032
岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原3238
内科 胃腸科 神経内科 循環器科 皮膚科 消化器科 内分泌科 血液内科 救急


警察
垂井警察署
不破郡垂井町宮代2875
0584−22−0110


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.