このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  TACランドいたどり 2006年9月8日(金)〜10日(日) 

PM4:10出発
天気:8日曇時々雨 9日曇時々雨 10日雨
メンバー:h君(tの友達) te君(h君の弟) h君のお父さん h君のお母さん m t 私

今回は1年ぶりにh君ご家族と一緒に“TACランドいたどり”に出かけました。
詳しい情報、予約状況やクーポンはこちらから“キャンプ場ガイド 岐阜県版

“TACランドいたどり”は夏休みや連休を除いて、ビューティフライデー(金曜・土曜の2連泊以上利用で金曜宿泊料が無料、または土曜早朝チェックイン可、クーポンをプリント持参、詳しくは上記ホームページのTACランドいたどりをご覧下さい)適用で午後8時までチェックイン可能です。
今回は両家族とも子供が学校から帰り次第出発しました。

h君が早く学校が終わり、私たちは20〜30分到着が遅れましたが、道が空いていたお陰で5時30分ころ到着しました。
ここは片道60km程度で手軽に来られる距離にあります。

このキャンプ場のサイトは固いことで有名です。
受付で鉄製のペグと大きめのハンマーを貸し出して(無料)頂けますが、私はソリッドステークを使用しました。
キャンプ場紹介
今回はF3とF4を予約しました。
この場所は遊具や水路に近く、予想通り子供達の遊ぶ姿がサイトから確認でき非常に良かったです。
F3とF4は境がなく、写真のように公園側にタープ、真ん中にテント2つ、その横に車を2台止めました。
公園側にタープを張ったので子供達を見るにも、景観的にもこの配置は良かったと思います。
他のサイトも2つ単位、または4つ単位で使いやすく出来ているのでグループでのキャンプにお勧めです。

5時半に到着したとき、雨が丁度上がった所らしく、山や川には霧が出ていましたが、予報では曇のため、タープは明日にしてテントのみ設営しました。
暗くなりつつある時間帯に設営したのは初めてですが、ランタンを出してしまえば問題ありませんでした。

しかし、ここで事件が、、、
この時間帯に設営したのは初めてですが、ここは猫が多い事をわかっていながら油断しました。
設営で車を開けたままにした隙に、車の中に置いてあるフランスパンの袋をネコに破られました。
予備の食料は色々用意してありますが、温泉に行ったときにでもコンビニで新たにパンを買うことにしました。

テント設営後、私たちは自宅で準備したお弁当を、h君家族はスパゲティを食べながら、丁度山から登った満月を楽しむことが出来ました。
タープを張らないのも見晴らしが良くていいものです。

その後、シャワーを済ませ、子供達がテントに入った頃、雨が降り始めました。
テントにイスなどを片付け、寝ることにしましたが、蒸し暑くお昼に疲れていないので眠れません。
11時頃からうとうと寝たようですが、2時ころ突然の笑い声で目が覚めました。
少し離れたサイトの声のようです。
早い時間に盛り上がり、酔って寝た後、また宴会が始まったようです。

しばらくして「うるさい!」と叫ぶ声が聞こえましたが静かになる様子はありません。
そのうち私は寝てしまったようです。


2日目
5時半ころ目が覚めましたが、雨が降っている上、時間も早すぎてタープを張るわけにいかないのでもう一度眠りました。
7時過ぎ、新たに到着する人で騒がしくなってきたのでタープを張りました。





今日の私たちの朝食は冷凍ピラフ、ポタージュ、ジュースと簡単ですが、h君家族は真面目にご飯を炊いています。

朝ご飯の後、子供達には学校の宿題をさせました。
その後、遊具に水路に大暴れです。


小規模ですが友達と一緒なので飽きません。




そして遊具に飽きると予想通り水路の中を走り回り、濡れても叱られないと見ると、洋服のままジャンプ


もうプールと化しています。


te君も負けずに走り回っています。


今日のお昼ご飯は、みんな一緒にざるそばです。
梅を干すのに使うザルに盛り、みんなで食べました。
写真では量がよくわかりませんが、12束分のお蕎麦です。

食後の休憩後、カレーをみんなで作りました。
レトルトカレーを食べることはありますが、キャンプでカレーを作るのは初めてです。
子供達はタマネギとニンジンの皮を剥いただけですが、先を争って剥いていました。
h君のお父さんがニンジンとジャガイモをカット、私はタマネギ、みんなで手分けして作れるのでいいですね。
今回は大人用と子供用に2種類のルーで作りました。

朝から雨が周期的に降りますが、子供達は少々叱っても帰ってきません。
tとh君は少々のことでは風邪もひかなくなり、親も内心いいかなと思っているので子供は敏感に感じるようです。

休憩の度、体が冷えないように着替えさせるので母親は大変です。
4時頃になり、冷えた体を温めてやりたいこともあり、温泉に行くことにしました。
作り終わったカレーはネコが心配なので食器や鍋類を入れるコンテナを空にして入れました。

板取川温泉
キャンプ場から5分ほどで、露天風呂もあり、肌がつるつるして気持ちのいいお湯です。
(大人600円、小人6才以上12才未満300円、幼児無料)

温泉から帰ると夕食の準備です。
ご飯を炊き、簡単なサラダを作り、カレーは温めるだけなのですごく楽です。
お昼ご飯の時もそうでしたが、h君はこちらのテーブルに移動しています。
tとh君は顔が見えているだけでは飽きたらず、隣に座っていたいようです。
まったく呆れるほど仲がいいです。

夕食後はトランプを始めましたが、明日も雨の予想で撤収に時間がかかること予想して、私は食器や鍋を片付けました。
その後、私もトランプに参加しましたが、朝から雨の中で遊んでいた子供達は眠そうです。
te君はすでにテントで寝ています。

子供達を寝かせ、しばらく話をして過ごし私たちも寝ることにしました。
今夜はキャンプ場の8割ほどに人が入り混んでいますが、昨晩の深夜に騒いだグループは帰っていません。
静かな夜になることを期待して10時半にテントに入りました。
まだ、話し声が聞こえるサイトが多いですが、昨夜より涼しく、疲れていることもありすぐに眠ることができました。

しかし、話し声と笑い声で12時半ころ目が覚めました。
数組の家族連れの宴会のようです。
子供達は先に寝てしまい、開放感を味わいたいのは判りますし、それほど大きな声で騒いでいる訳ではありませんが、深夜の話し声と笑い声はご本人達が思っている以上に気になります。
ここは10時消灯の案内があるキャンプ場です、できれば11時、間違っても12時程度までにしてほしいですね。

話し声を気にしながらも寝てしまいましたが、2時頃だったと思います。
今度はペグを打つ音が聞こえてきました。
きっと止む得ないことだったと思いそれほど不快には思いませんでしたが、このところの長雨で打ち込むときは固くてもペグが手で抜ける状態になっていますので注意が必要です。
キャンプ場内を歩いていると、テントやタープに水が溜まり、手で押し上げて流している人を沢山見かけます。
当然寝るときは対処して寝ると思っていると夜中もそのままの所が多くありました。


3日目
朝、目を覚ますと5時半、少しして外に出ましたが、今日も雨のため急いで撤収する人が多いのか、すでにざわざわしています。
私は細かな片付けは終わっているのでコーヒータイムです。

今日の我が家の朝食は非常に簡単です。
昨夜のサラダの残りのレタスとトマト・チーズ・昨夜茹でておいたゆで卵・インスタントのポタージュスープ・野菜ジュース、お湯さえ沸かせば完了です。
お皿もすでに片付けてしまったので紙のお皿を使いました。
普段の生活から考えれば拘っても意味がない程度ですが、紙のお皿はサトウキビで作られ、生ゴミとしても処理できる製品です。
フォークやカップは片付けるのに手間がかかりませんが、各種サイズを揃えたコレールは前日片付けると撤収が楽になります。

我が家の場合、割り箸や紙コップも使うことがあります。
資源を考えると使うべきではありませんが、バーベキューで焦げてもいい割り箸は便利ですし、めん類も滑らなくていいですよね。
成長が早い竹製で使い捨てができる箸が安く買えるようになったり、サトウキビのカップ等も出てくるといいと思います。

雨は昨日より多く降りますが、止んでいるときを狙ってテントは撤収が出来ました。
時間は9時半頃なので早めのお昼ご飯までのんびり出来ます。
コーヒーを飲んだりして、これほど何もしない時間は珍しいです。
子供達は雨の中の遊びが止まりません。

11時頃早めのお昼に、カップラーメン、ゆで卵、パンを食べました。
その後テーブル、イス、タープ等を撤収し解散しました。
私たちは、キャンプ場から温泉に向かい、いつもより早く自宅に帰りました。


h君ご家族、お陰で楽しいキャンプでした。
また、ご一緒したいですね。

キャンプ場の管理人さん、スタッフの方、勝手なことを書きましたがお世話になりました。
またよろしくお願いいたします。



その他の情報

水は井戸水で殺菌してあるそうです。
公には煮沸して飲むように指示されていますが、実際は問題ないそうです。

サイトは花崗岩らしき砂です。
固いのでペグとハンマーを無料で貸し出ししてもらえます。
ソリッドステークは問題なく使えました。

シャワーやトイレ、炊事場の数は問題ないと思いますが、洗濯機と乾燥機は1台ずつなので、混んでいると待ち時間があります。

サイトは2つ単位で境がない所が多く、2グループ、または4グループで使うと使いやすいと思います。

横の公園に人工の水路がありますが、山からの水のようです。
水深は浅いので子供の水遊びに最適です。
滝の下は少し水深がありますから幼児は注意を、そして川への落ち口は近寄らない方がいいと思います。
スタッフの方が落ち葉等の掃除をされており、非常にきれいです。
キャンプ場横の板取川は水量にもよると思いますが、流れが速く、遊ぶには注意が必要です。

携帯電話はすべて使用できます。

花火、ペットは禁止です。

今回の費用はビューティフライデーを使用して1泊分のみ、宿泊サイト料(5000円)+清掃協力金(400円)でした。





岐阜県関市板取3693−3
TACランドいたどり
TEL0581−57−2200


最寄りの救急指定病院

関中央病院
岐阜県関市平成通2-6-18
TEL0575−22−0012
【 内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 外科 整形外科 脳神経外科 肛門科 婦人科 放射線科 リハビリ科 救急 】

(岐阜方面の場合はこちらが便利)
岐北厚生病院
岐阜県山県市高富1187-3
TEL0581−22−1811
【 内科 神経内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 呼吸器外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリ科 麻酔科 救急 】


最寄りの警察署等

関警察署
岐阜県関市下有知106番地8
0575−24−0110

板取警察官駐在所
関市板取1541番地12
0581−57−2012


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.