このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  ロックフィールドいとしろオートキャンプ場 (No,5) 2006年6月30日(金)〜7月1日(土) 

その他の写真“ いとしろ大杉

AM4:00出発
石徹白着:6時
白山登山道入り口着:6時30分
ロックフィールドいとしろ着:8時
天気:雨
往復距離:岐阜から一般道使用で207km(内いとしろ大杉往復20km)

今回はtが土曜日の授業参観の代休で3連休なので雨を覚悟で“ロックフィールドいとしろオートキャンプ場”へ行くことにしました。
今回で5度目になりますが、1度も行ったことがない「いとしろ大杉」に行くことと、一般道でどれくらい時間がかかるか試すのが今回の課題です。
そこで朝早く出発しました。
道路は時間が早いことに加え金曜日なので快適に走ることが出来て、いつもの高速を使ったより早く到着しました。
昔、高速道路が開通していない頃、スキー場に行くため走った道はより快適になり、わざわざ高い高速道路を使う必要はなさそうです。片道1800円の節約です。

石徹白の外れから林道に入り、2台がすれ違えない道が石徹白川沿いに続きます。
舗装はしてありますがガードレールがなく、落石の石が多く落ちているのでそれなりに緊張する道です。
道に落ちている石は頭ほどの石も多いので、大雨の後や降っている時は行かない方がいいと思います。

10kmほどで駐車場に到着、駐車場の奥にトイレがあります。
駐車場の前に白山登山道登り口があり、ここから420段の階段を上がると「いとしろ大杉」があります。
写真はこちらをご覧下さい。
石段は、歩幅が狭いので上がりは楽に登れますが、下りは足の長さが収まらないようなところもあり降りにくいです。
私たちが行ったときは人影もなく、鳥やセミが鳴き、ゆっくり見ることができましたが、雨が心配なので程々に引き上げました。

昨日の天気予報では午前中、晴れるような予報でしたが、今日になり崩れるのが早くなったようで、車で走り初めて間もなく雨が降り始めました。


キャンプ場へ到着は8時、早すぎるためか管理人さんはお出掛けで、前の2回使っているサイトに車を入れました。

しばらくして管理人さんが帰られましたが、私たちの入ろうとしたサイトは水が多く流れるので、出来れば水が流れにくいサイトに替わって欲しいとのこと。
過去2回で水が流れることはわかっていますし、それなりの対策を考えて来たのですが、お勧めに従い以前1度使ったサイトに移動しました。

雨が強く降ったり小雨になったりする中、キッチン用に準備したドームタープで今日2度目の朝ご飯(?)を食べました。
雨雲の状態を携帯電話で見ると雨雲はしばらくすると通り過ぎそうです。

その後、予想通り雨が止んだ隙にテントとタープを張り終え、これで安心です。
いつも敷くインナーテントの下の防水シートを箱状に折り曲げ、ガムテープで止めたので水が流れても完全に防げます。
ただし、インナーの4隅のフックをテント本体にかけられないのでゆるんだ状態になります。
しかし、テントとインナーテントがより離れて結露防止になりそうです。

雨が少し上がっているとき、遊びたくて我慢できないtはmと貸し自転車に乗ったりもできました。

午後になっても雨は降ったり止んだりで、全てがスローペースです。
2回の朝ご飯で昼ご飯は抜き、おやつ程度で終わってしまいました。

今回のキャンプは雨を覚悟してきたのでゲームを持参しました。
数日前に薬屋さんのポイント交換で手に入れたポケモン版の人生ゲームです。
実は午前中からtがうるさかったのですが、のんびりした荷物の移動もキッチンの設営も全てが終わり、私は30分ほど昼寝をして3時ころからゲームをしました。
ある程度時間がかかるゲームなので雨の日には最適です。

ゲームが終わり、急いで夕食の準備です。
今回は自宅に豚肉の買い置きが沢山あったので、簡単にできる野菜炒め(豚肉・ピーマン・タマネギ)、こんなに食べられるかなと思うほど肉を入れたのにtが食欲があり、管理人さんに頂いたホウレンソウと豚肉で追加の野菜炒めを作ったほどです。



夕食を作り始めた頃から、川面に霧が出始め幻想的な風景です。
時々小雨が降りますが、貸し切り状態のキャンプ場で川霧を見ながらの夕食、気持ちのいい一時でした。



暗くなってから焚き火をしましたが、自由に薪を入れることを許すと30分ほど焚き火から離れず夢中で火を燃やしていました。
すでに以前、火を着けることはしているので、徐々に焚き火は任せてもいいかなと思いました。

今日は朝早かったので早めに寝ることにして先にtを寝かせ、夜中に強く降る予報なのでタープ等をチェック仕直し10時前にはシュラフに入りました。

夜中に雨の音で目を覚ますと12時半過ぎ、やはり予報通りかなり強く降っています。
外へ出て見ましたがタープ等に異常ありませんでした。

しばらく寝た後、妻が大きな音がしたと言うので外に出て見ましたが、見た限りでは異常はなく、川も増水していないようです。


2日目
朝、目を覚ますと6時半、相変わらず雨の音が聞こえます。
しかし、川はほとんど増水した様子はありません。
ところがサイトのすぐ横を見ると大きな木が横たわっています。
私たちの区画の内側に生えている直径70〜80cmのコナラの枝(直径30cm)が夜中に折れたようです。
折れたと言うより、付け根から落ちたと表現する方がぴったりです。
妻の言っていた大きな音はこの枝が地面に落ちた音だったようです。
幸いこの枝はサイトの外側ですが、内側に伸びた枝も何本かあります。

妻とこれからの対応を話し合いました。

選択肢としては
1.このままキャンプを続ける
2.サイトを変える
3.キャンプを止め帰宅する

天気予報は午前中曇、午後から雨、夜中は昨夜と同じように激しく降りそうです。
このままこの場所でキャンプを続けるのは不安です。
しかし、雨の中サイトの移動、夜中の雨、明日の雨の中の撤収を考えるとあまりにも大変なので帰宅することに決めました。

それにしても雨が降ったとはいえ、風もなく、葉もしっかり茂った太い枝が落ち葉が落ちるように根元から折れるとは不思議です。
このキャンプ場は我が家がもっとも好きなキャンプ場の1つで、今回の出来事を書くのは止めようかとも考えましたが、同じキャンプをするみなさんに、こんな事もあるのだと知ってもらうため書くことにしました。
管理人さん及び、キャンプ場の名誉のために書き加えますが、写真のように葉が茂った大きな枝が雪や風の影響がないときに突然折れるとは予測できなかったと思います。

その後、管理人さんとお話をして、撤収を始めました。
しかし、魚釣りなどを楽しみにしていたtは収まりません。
昼に食べる予定だったホットケーキを焼いて朝食にして、私が撤収している間、mが相手をしてマス釣りをさせました。



撤収後、残りのホットケーキやカップ麺で簡単にお昼を済ませ、キャンプ場を後にしました。

管理人さんのお話では、普通折れる枝は雪の重さで折れてしまうのでこんな経験は初めてだそうです。この後、キャンプ場内の木を総点検されるそうです。
次回来たときは、やはり馴れたいつものサイトを選ぶと思います。
そちらのサイトは杉に囲まれており雰囲気は今回の場所に劣りますが、今回のような枝が突然折れることはないと思います。

その後、恒例の“満天の湯”に立ち寄りました。
今回はtの希望で大きなお風呂がいいとのことで、個室はやめて普通の温泉に入りました。

帰りは行きと同じように高速道路ではなく一般道を走り2時間半、いつもの回転すしで夕食を済ませ帰りました。

2泊3日の予定が1泊2日になってしまいましたが、実質の被害はなく、貴重な経験ができたと思います。



その他の情報



〒501-5231
岐阜県郡上市白鳥町石徹白
TEL0575−86−3223
利用期間:4月下旬〜10月末
サイト料:平日3000円
     休日前3500円
入場料:大人1人200円 小人100円
必ず確認後ご利用下さい。



最寄りの救急指定病院

鷲見病院  TEL0575−82−3151
郡上市白鳥町白鳥2-1
外科 内科 脳神経外科 整形外科 眼科 耳鼻咽喉科 麻酔科リハビリ科 歯科 救急

郡上市民病院  TEL0575−67−1611
郡上市八幡町島谷1264
内科 外科 小児科 整形外科 脳神経外科 泌尿器科 産科婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリ科 人工透析 救急


最寄りの警察署
郡上警察署
郡上市八幡町中坪3−3−1
0575−67−0110


これ以外の情報は(No,1)(No,2)(No,3)(No,4)の日記をご覧下さい。
また こちらからまとめてご覧頂けます。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.