このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  金華山 2006年5月6日(土) 
連休も今日と明日で終了、天気は下り坂で明日は雨の予報なので、今日は金華山に登ることにしました。

天気:晴のち曇
出発10時30分 帰宅3時30分



登山(そんな大げさなコースではありませんが)開始ですが、ここは私と妻がいつも歩く自宅から3〜4分の場所です。
ここからいつもの終点までは、整備はされていますが土の登山道で快適です。


いつもの終点からドライブウェイを横切り、登山道と道路を交互にしばらく歩きます。
しばらくドライブウェイを歩いた後、久しぶりなため金華山への入り口がわからず、登山者の方に教えていただきました。


途中ドライブウェイを歩いていて、蕾ですがこんな花を見つけました。
名前はこれから調べます。
追記:キリ(桐)のようです。


ドライブウェイから七曲り登山道へ向かう道はわずかの間ですが下りです。


岐阜公園から続く金華山登山道に入りますが、このコース(七曲り登山道)はほとんどがコンクリートの階段で山歩きの楽しさは味わえません。
階段と平行して古い道が所々残っているので出来る限りそちらを選んで歩きました。


コンクリートの階段で非常に歩きにくく疲れますが、思っているより呆気なくロープウェイの降り口につきます。
写真のリス村の右に降り口があります。


天下第一門


岐阜城




岐阜城の回りは狭くて観光客が一杯です。
私たちはベンチで息子はその前でシートを広げています。
息子用のお弁当とお茶は私たちとは別に遠足仕様です。
私たちはお弁当と持参したお湯でカップラーメンを作りました。


食後の一暴れ


岐阜城より長良川 鵜飼大橋周辺です。
川の向こう岸に、いつも行く岩舟砂防緑地のある山が見えます。


岐阜城から見た長良川と長良橋です。
長良橋の上流(右側)で鵜飼が行われています。


リス村での餌やり


こんなにも無防備にぐっすり寝ています。
リスたちもGWの観光客で疲れたようです。


下山途中、天気が怪しくなっています。
薄暗いのでストロボで撮影しています。


帰りは雨がいつ降り出すか気にしながら下山しました。
この写真は公園の中で、自宅から10mほどの場所ですが、先日友達と作った泥団子が雨に濡れないよう隠し直しています。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.