このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  岩舟砂防緑地 2006年1月21日(土) 

天気:曇
PM12:15〜PM4:00

去年の大雪から年末年始まで、外で遊ぶチャンスがなくムズムズしていたが、昨日から雪の予報。
しかし、朝起きると雪は全く降っていないので急遽いつもの岩舟砂防緑地に行くことにする。
何しろ急なことなので準備が大変。mがおにぎりとネギ、焼き豆腐、糸こんにゃくを準備している間、私は冷凍庫の肉を解凍する。
アウトドアでの遊び用に氷等を作ってある冷凍庫は先日計ったところマイナス29度、少々のことでは解凍できない。
荒っぽいがファンヒーターの温風で1時間ほど、やっと溶け始めシャリシャリいっている状態で出発。

自宅を出て15分ほどで到着、この時期で土曜日、天気も曇天、期待通り誰もいない。
ここも最近は秋の寒くなってきたころでも人が多く騒がしくなった。
寒い時期は人がいないのが嬉しい。

早々にちびストーブを出して、2枚ほどの新聞紙と松ぼっくり、良く乾いているので最初から太い薪を入れる。
火を入れるとすぐに燃えだした。
メッシュのテーブルをストーブにセットし、南部鉄の鍋をストーブに置いて準備完了。

tは私たちが忙しくしていてもお構いなしに遊ぶことを要求する。
今日はよりによって、テーブルで本を出して何かしている、場所が欲しいのに。

最初に肉を焼き割り下を注ぐ、ネギ、焼き豆腐、糸こんにゃくを入れて、さて、、、
「卵は?」
「?!?!」
「忘れた?」
「忘れた」

忘れたものは仕方ない、tは最初ブツブツ言っていたが食べ始めると美味しい美味しいと言って食べていた。
tは先に肉をたっぷりもらい、すぐにお腹が膨れ遊びたがる。
しかし、私たちはまだ食べているのでラジコンの自動車で遊ばせる。

そして食後は例のコーヒー、コーヒーミル、チタンカフェプレス、コーヒー豆(パナマ レリダ農園 この豆はコーヒーをあまり飲まない妻も美味しいとらしい)供にアウトドアでは初めてのものばかり。
ミルで挽いたコーヒーは自宅で飲むより良い香りに感じて、美味しかった。

ブログのお客様の影響で最近は鳥が気になるので、今日は図鑑と双眼鏡を持ってきた。
以前、コゲラを初めて見たのはここでだが、今日は鳥の気配がない。
カラスが時折鳴くだけで、ただでさえ静かで寂しい冬枯れの景色がますます寂しい。

この緑地はほとんどの木が桜だが、先日の雪のせいで太さ10cm以上ある枝が折れて痛々しい。
tの遊びはmに任せて、私は山際にある竹藪に行く、竹も折れたばかりの綺麗なものが数本あったので火吹き竹に良さそうな太さを選び鉈で切り取る。
夕方になり風が出てきて天気が怪しいのでストーブの火を消し帰る準備を始めるが、大量にできた熾きは水をかけない限りすぐには消えない。
消し壺代わりに使っている缶に燠を全て入れ蓋をする。
車に積める程度に冷えるまでかなりかかるので、tとmはボール遊び、私は薪として持ち帰るため、折れた桜の適度な太さのところを鉈で切り落とす。
火は消しても動いていれば寒くない。
帰りは4時、車の外気温度は7度だった。

翌日日曜日、朝起きると良い天気で昨日は早まったかなと思ったが3時過ぎからべたついた雪になり、やはり昨日でよかったようだ。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.