このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  ロックフィールドいとしろオートキャンプ場 (No,4) 2005年10月28日(金)〜10月30日(日) 

AM7:10出発
天気:28日晴 29日午後2時くらいまで雨 30日晴
29日最低気温8.5度 30日最低気温5.8度

去年までは金曜からのキャンプが普通だったが、今年は学校がある。
しかし、あの静けさを味わいたくて休ませる事にする。
tは少々風邪気味だが“ロックフィールドいとしろオートキャンプ場”の営業は今期今月中で終了、この週末は唯一学校での特別な行事もなく行くことにする。

しかし、天気予報では土曜日が雨、設営と、撤収は良さそうだが。
途中、霧が出たが9時に到着すると晴、管理人のおじさんはお出掛けで「自由にどうぞ」と書き置きがある。
去年と同じサイトに決め設営を始める。今回初めての改造したシステムタープSTがあるのでいつもと少し勝手が違う。

先にテントを張り、次にタープを張る。
改造前と少し位置は違うがmにポールを支えてもらい完了。
しかし、現状では形だけで雨が降ったらどうなるか判らない。
予想では間違いなくどこかに雨が溜まるだろう。降り始めてみないと調節が出来ないので夜中に雨が降らないといいが。

昼近くに管理人のおじさんが帰られたので受付をする。
tは初めて来たときからおじさん、おじさんと、ここに来て話すことを楽しみにしている。
今回もあまりお邪魔にならなければいいのだが。

あれやこれやと悩んだ設営も昼頃には終わり、予定ではラーメンを作るつもりだったが、3人ともあまりお腹が空いていない。朝ご飯に車で食べた残りのパンで済ませる。
タープ下ではなく木陰にテーブルとイスを出し、気持のいい秋を味合う。

ゴム動力の飛行機を飛ばしたりして遊んでいたtだがもう一つ刺激がほしいらしい。
そこで恒例の魚釣り、去年と同じく最後なので無料開放。ただし「釣れないよ」とのこと、去年はtも何匹も釣ったが今年はどうだろう。

川から引き入れられた水は澄んでいて、日がよくあたっているので魚の模様までよく見える。
ニジマス、イワナ、アマゴが入れられている。
持参したtの竿の仕掛には浮きが付けてあるので、まず私が浮きの位置を調整する。
魚達はエサのすぐ側で反転し食おうとしない。
浮きが着水するだけでも驚くようで、去年とは随分違う。

tに交代するが、やはり浮きが落ちた時逃げるし、エサに来ても手前で反転してしまう。

再び私に交代し、浮きを外して挑戦。エサを水中で動かし誘うようにすると魚の反応が違う。
しかし、エサをくわえた瞬間、吐き出してしまいなかなか釣れない。
さすがに今まで釣られないでいた魚達だ。

tに交代し同じ方法で釣らせようとしたがやはり浮きがないと難しい。
tは食べたい食べたいと言っているので何とか1匹でも釣りたい。
tに釣らせることはあきらめ、浮きを外し再挑戦。
そしてやっと釣った魚は、25cmほどのアマゴ、それもパーマークがうっすら残るが銀毛化したものですごく嬉しい。
tはあと2匹(3人分)と騒ぐがそろそろ夕食の準備も気になるし、何とか諦めさせサイトに引き上げる。

今回のキャンプは珍しくダッチオーブンを持参した。キャンプに持ってくるのは初めてかもしれない。
今夜はチキン、丸ごとタマネギ、丸ごと人参、丸ごとジャガイモ、ウインナー。チキンには塩胡椒だけの味付けで蒸し焼きにするシンプルな物。

設営後すぐに作ってあった焚き火で焼くだけだが、時間はかかる。
天気予報では必ず雨になりそうなので、地面に平らな石を敷き、水が流れても少しはましなようにして、回りを大きめの石で囲む、片側にはスノーピークの焚火台グリルネットLをセットする。ネットを浮かせる為の足は今回事前に作ってきた鉄棒を曲げた物を4本地面に刺しネットを吊り下げるような感じにセットした。

焼き初めてしばらくすると、tがお腹が空いたと騒ぎ始めた。
しかし、タマネギが甘くとろけるように焼けるにはまだまだ時間がかかる。

釣りから帰った後、炬燵用に豆炭に着火したり、湯沸器に火を追加するのに忙しくアマゴのことを忘れていたが、幸い釣り用バケツの中で泳いでいる。明日食べることにして時々水を替えてやる。

6時近くになりtのお腹は限界のようで、タマネギと人参は少し早いが食べることに。
私たちは炬燵で暖かく、焼きたてのチキンは柔らかく、ジャガイモはホクホクして、ウインナーは味のアクセントになり美味しかった。

今夜は期待通り貸しきりで静かな夜だ。
夕食後、焚き火でマシュマロ焼きを楽しもうと準備していると、tが管理人のおじさんにご馳走したいと言い出した。

今日は他にお客さんもいないのでtに「コーヒー飲みに来ませんか」と誘いに行かせる。
おじさんはどうも甘いものは苦手らしいが、tの差し出すマシュマロを快く食べていただき、おまけに差し入れの薪や飲物まで頂いてしまった。

このキャンプ場も今回4回目だがいつもtがお邪魔して話している。
今回、ゆっくり話が出来てtも嬉しかったようだ。ほんとうにありがとうございました。

その後、湯たんぽにお湯を入れtを寝かせ、2人でもう一度焚き火とお茶、今度はtが寝ているので本当の静けさだ。
去年は熊の出没が全国で多く、暗闇で音がするとドキッとしたが、今年はそんな恐怖心もなく静けさを味わった。

寝る前に炬燵の火床をテントの外に出し、アマゴをさばいて保冷剤と袋に入れ、他の食料も車に片付ける。

天気予報では夕方から崩れるとの予想通り夕食前くらいにぱらついたが今は星が見えている。


2日目
朝6時、目を覚ますと少々の雨、炬燵の火床はまだ暖かいので炬燵に戻すとすぐに暖かくなった。
薪に火を付け、湯沸器にも火を入れる。
今のところ雨は少しぱらつく程度だが、、、

残りのご飯にキノコと卵を入れ、雑炊をつくる。そして具沢山のインスタントみそ汁。

そのころ(7時ころかな)3台の車が到着、朝早くから珍しい。
10人を超える家族連れのグループで子供が多い。管理事務所の向こう側のサイトなので私たちから離れているが、賑やかになるかな。

朝食を食べるころから本格的に降り始めた。
予報で覚悟していたとはいえ、tは魚が釣りたい、遊びたいと呻いている。

私のとってこの雨は、遊ぶには不都合でもタープのテストには最高のタイミングだ。

カットしたシステムタープSTの両側2本のサブポール(低い2本のポール)間に雨水が溜まると予想してサブポールのロープを二股にしテンションをかけたためか、サブポール間には溜まらず。しかし、予想外のメインポール(高い1本のポール)とサブポールの延長線のサブポール側に水が溜まる。
対策としてメインポールとサブポールの高低差を付けるため、メインポールを長く、サブポールを短くする。 結果はタープがテントに接触し、テントの屋根が押されたためテントに水が溜まる。
サブポールを元に戻す。これで一応問題はなくなったが、調節が微妙で寝ている間等、不安が残る。
最初、きれいに張るため全てのロープにある程度テンションをかけていたが、試しにポールのない2本のロープを緩めてみる。
結果はメインポールとサブポールとの間にシワが出来るが水の流れは格段に良くなった。
以上の調節を、かなりの雨の中で行ったおかげで一応安心できる状態になったが、乾いた状態で設営し、突然の雨でタープが濡れて生地が伸びたときどうなるか、風に対してどうかは今後の課題。
メインポール:60cm×3本 70cm×2本 合計3m20cm
サブポール:60cm×2本 70cm×1本 合計1m90cm
(タープの詳しい内容がご覧になりたい方は上部の“キャンプ用品”からご覧下さい)

調節の途中、テントの下に入れてあったtの長靴に水が流れ落ちたりトラブルがあったものの、その後は快適だった。特に雨の中テントの片面を全開にしたまま過ごせるのは出入りが楽でいい。

雨は益々ひどくなり、テントの下を水が流れタープの下でイスに座っていても足の置き場がない。
携帯電話で雨雲の現状と予想が見られる天気情報のサイトを急遽契約。(月105円)
雨雲の状態から判断し、少なくとも午後2時ころまでは降りそうなので昼ご飯に焚き火は使えない。

今日のお昼の予定はホットケーキミックスを使ったバームクーヘン?(いろいろなアウトドアのサイトで紹介されています)
そこでタープ下のテーブル等をずらし、水の中に石を置きダッチオーブンを乗せる。
その中で細く割った薪を燃やし炭を追加。横には写真のように重くなったとき支える鉄棒を設置した。

幸い焼き始める頃には雨が小降りになり足元の水もなくなったので3人で交代しバームクーヘン作り。
木の棒に溶いたホットケーキミックスを塗り炭火で焼く、これを繰り返し直径8cmほどまで太くし、輪切りにしてバターとたっぷりのメイプルシロップをかけて食べた。

歪ながら年輪がしっかりできて、水分が飛んだ焼き具合はホットケーキとは別物。
シロップがしみ込みすごく美味しかった。
ついでに焼いたアマゴもすごく美味しく、tが7割ほど食べ私とmは味見程度。

もちろんこれだけでは足りないが、また同じように焼くには時間がかかるので残りは普通にホットケーキ、しかしtからはバームクーヘンがいいと、次回のリクエスト。しかし、欠点は一度に沢山できないことかな。

ところが食べ始めて気付いたが、焚き火でバームクーヘンを焼き、ダッチオーブンで焼きリンゴを作る予定だったのに、ダッチオーブンをバームクーヘンに使ったためリンゴを忘れてしまった。おやつで食べよう。

雨がほとんど上がったので薪に火を付け焼きリンゴの準備。
芯をくり抜き、バターと砂糖、シナモンを入れアルミ箔で包む。ダッチオーブンで焼き、完成。
これも甘酸っぱくて美味しかった。

しばらく後片付けをして、雨で遊べなくて退屈しているtを魚釣りに連れて行くが、やはり釣れない。私が昨日のようにエサで誘ってもだめで、tを説得して引き上げた。

本来、キャンプでの食事関係は私の役目と決めていたのだが最近mに頼ることが増えている。
今回も材料の下準備や洗い物はほとんどmが担当している。
今日の夕食は栗入りクリームシチュー。
私の父が山で採ってきた山栗は味が濃くて美味しいが小さいので皮を剥くのが大変、ご苦労様でした。

栗入りクリームシチューの材料はメインの山栗、大きなソーセージ、ジャガイモ、キノコ類、タマネギ、人参。
材料を水から茹でブイヨンで下味、ホワイトソースと牛乳を入れ完成。
食べる前にピザ等に使うチーズを器に入れ熱いシチューを入れると、適当にとろけて美味しい。

暖かい炬燵で食べる“栗入りクリームシチュー”
ややあっさり味のシチューに甘くて歯ごたえのある栗、塩味の効いたソーセージ、ほくほくしたジャガイモ、歯ごたえがなんともいえないキノコ、甘いタマネギ、甘みのある人参、コクのあるチーズ、仕上げにミルで挽いた胡椒。皆さん想像してみて下さいね。

tは今夜もマシュマロ焼き、後からmに聞いたところによると、今夜も管理人のおじさんを呼んで欲しかったらしい。

焚き火の前で写真を撮ろうとすると、「僕も撮りたい」と、撮ってもらったのが上の写真。
久しぶりの2人での写真、何年ぶりかな?

昨夜とくらべ、今日は早めに眠くなったようでtを寝させた後は、いつものようにゆっくりできる。
車3台のグループは少し音が聞こえるが、唯一のバンガローに入っているもう1組は早いお休みらしく、今夜も比較的静かな夜だ。

管理人のおじさんの話では明日は晴、いつも当たるので期待してシュラフに入った。


3日目
朝目を覚ますと5時、まだ暗いがそっと起き出して炬燵に火床を入れ、薪に火を付ける、そして朝のコーヒー。
しばらくして空はまだ白く霞んでいるが、こんな時は良く晴れる。

昨夜の残りのシチューにご飯を入れ、しばらく温める。これも残りのとろけるチーズを上から振りかけ混ぜないようにして、上から焼く。チーズが焦げ始めたところで完成。

昨夜とまったく同じ物なのにチーズが焦げただけで、随分味が違う。

朝食が終わり、キャンプも最終日、片付けなければいけない。ただし今回も時間が自由なのでのんびり片付けたい。(本来のチェックアウトは12:00)
テントとタープはまだ濡れているが、晴れて心地よい風があるので充分乾くだろう。

テント内の寝具等はmの担当、外は私の担当で、mが一段落したので貸し自転車でtを遊ばせる。
キャンプ場は入り口から奥に1本の道が通っているがなだらかな坂になっている。
tにつき合い、行ったり来たりしてmはフウフウ言っている。

のんびりしていたが昼にはテントとタープを残しほぼ片づけ終わる。
お昼を食べるにも前回から“アルコールバーナー・ケトル等のセット”(我が家のキャンプ用品で紹介)を使っているので普通に使うバーナーやお皿等が先に片付けられて便利だ。

今日の昼食はフランスパン、チーズ、ハム、カボチャのポタージュ。

その後、テントやタープも乾き撤収完了。tにつき合い3人で自転車に乗る。
今までここに来ても見に行かなかったキャンプ場の奥や、入り口近くにある大きな杉の木等、車では気付かない物も見られていい。

そして午後2時、管理人のおじさんに挨拶を済ませ出発。

tが頻繁にお邪魔したり、サイトには早く入り遅くまで遊ばせていただきありがとうございます。
また、来年も楽しみです。
(今回はキャンプシーズン終わりの空いた時期で色々良くしていただきましたが、混んだときはチェックイン、アウト等は守って下さいね。)

そして恒例の“満天の湯”で個室露天風呂。

今日はキャンプ場でのんびりしたため、いつもより2時間遅れで出発。忘れていたが東海北陸自動車道の美並の手前はすぐに渋滞する。白鳥の道の駅でお土産を買い、白鳥で自動車道に乗って間もなく渋滞、すぐに一般道に降りてしばらく走るとやはり渋滞。そのまま美並まで走り、高速に乗り直して帰ったが、最近恒例のキャンプ後の回転寿司、日曜の7時頃で大混雑。

自宅に帰ったのは8時半過ぎ、おまけに少々風邪気味だったtはぐったり怪しげ。
さて、学校を休んだキャンプの休み明け、いったいどうなることやら。


その他の情報



〒501-5231
岐阜県郡上市白鳥町石徹白
TEL0575−86−3223
利用期間:4月下旬〜10月末
サイト料:3500円
入場料:大人1人200円 小人100円
必ず確認後ご利用下さい。


最寄りの救急指定病院

鷲見病院  TEL0575−82−3151
郡上市白鳥町白鳥2-1
外科 内科 脳神経外科 整形外科 眼科 耳鼻咽喉科 麻酔科
リハビリ科 歯科 救急

郡上市民病院  TEL0575−67−1611
郡上市八幡町島谷1264
内科 外科 小児科 整形外科 脳神経外科 泌尿器科 産科
婦人科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリ科 人工透析 救急


最寄りの警察署

郡上警察署
郡上市八幡町中坪3−3−1
0575−67−0110

これ以外の情報は(No,1)(No,2)(No,3)の日記をご覧下さい。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.