このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  システムタープST改 試し張り 2005年10月16日(日) 

アウトドアテント&タープの修理屋”さんに依頼してあったシステムタープSTの改造が完了し、今日の朝宅急便で届いた。
昨日の日記を事務所で書き、自宅に帰ると食卓にはおにぎりが、、、「(妻)タープを張りたいと思って、、、」

嬉しい! 岩舟砂防緑地に行くことにしてさっそく準備、お昼ご飯はおにぎりとカップラーメン。
お湯を沸かせるようバーナー、やかん、水等。そしてtは間違いなく水に入りたがるのでマリンブーツに網、水槽を準備、早々に向かう。

到着はすでに12時を過ぎ、当然いい場所は先客が。何とかタープを張れそうなスペースの近くにテーブル等をセットしてお昼ご飯。

昼食後、tは水路で水遊び、私はタープ、mはtの監視、読書、私の手伝い。


4つ前(2005年8月26日)の日記で書いたように改造するのに自分では止め、アウトドアテント&タープの修理屋さんに依頼した結果は、縁取りのテープの色がわずか違うだけで知らないで見たら、何処を改造したか判らないほどの出来映えですごく満足。(詳しい写真はキャンプ用品に載せてあります)

最初はあえて1人で挑戦、3本のポールを使用するのでなかなか難しい。
ペグを何回も打ち直し苦労するがやはり手伝いが欲しい。

mに1本のポールを支えてもらい、何とか3本のポール終了、そして2カ所のロープをペグダウンし一応完成。しかし改造前の高さのポールのままでは少し低いのでポールの長さを変更。

前回 メインポール:70cm×4本 サブポール:60cm×3本
今回 メインポール:60cm×5本 サブポール:70cm×3本

今回はテントを張っていないので最終的に丁度良い高さの確認できないが、タープのテンションの調節と張るときの便利さ、強度を考えるとサブポールのロープはシングルからメインポールのようにダブルの二又ロープに変更した方が良さそうだ。

そして、これは実際に使ってみて解決していく必要があるが、雨水の流れ方。
テント(ティエラ)の形状が良く、タープの下に入れる前の部分が高くなっているため何処に雨水が流れても問題ないがタープに水が溜まらないか確認の必要がある。
溜まるとしたらサブポール2本の間付近。メインポールとサブポールの高さ比の変更、サブポールの左右のテンションのかけ方で解決出来ると思うが、実際に雨が降るまで不明。


タープ試し張り終了後、tと水路を上流に上がっていくと、以前アメンボウを捕まえたもっと奥に池があり、小魚発見。
水深は30cmほどで浅いが泳ぐのが早いので捕まえるのは難しそう。

しかし、tは根気よく網を使って1匹すくい大騒ぎ、よほど嬉しかったらしい。
私から見てもほとんど奇跡的にすくえたと思うのに、もう一匹、もう一匹と帰ろうとしない。
しばらくしてtを説得し、やっと帰り、着替えさせ、暖かい物を飲み今日は終了。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.