このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  システムタープST 試し張り 2005年8月26日(金) 

場所:岩舟砂防緑地
天気:晴
AM11:00〜PM1:30

このところ、雷や雨が多く昨日の台風11号がそれてやっと天気が夏らしくなったので7月に買ったオガワキャンパルのシステムタープSTを試し張りすることにした。

途中でお弁当を買い、長良川河川敷の芝生広場に向かうが、橋の上から見ると芝刈り中でとてもゆっくりお弁当を食べられそうもない。広いところで試したかったが急遽、岩舟砂防緑地に変更。

時間は少し早いが到着してすぐに昼ご飯、テーブルとイスを木陰に出し、3人それぞれが選んだお弁当を食べる。

私は食べ終わると早々にタープの試し張り。tはラジコンカーや虫捕り。
mは少しはゆっくりしたそうだが、私は随分長く待っていた試し張りなので落ち着かない。

システムタープSTは、高さが変えられるポールが附属し、ヘキサの片方のポールがセッティングテープでポールから離せるように作られている。

最初アウベルクラフトのスターウィング2を考えていたが、気になるのは少々大きいことと色が明るいグリーンであること。そんな時、システムタープSTのサイズを見るとスターウィング2より少し小さく、セッティングテープの付いた頂点が1カ所多いことを除くと形が良く似ていることに気付いた。取りあえずそのまま使用し、場合によってはスターウィング2の形に改造してもいいかなと思い購入した。

最初から考えていたようにポールはスノーピークのポールを4本使用。ポールの長さはHDタープ・レクタLと共通の長さにし、セッティングテープ一番長く張ってみる。
タープの下にティエラのセルフスタンディングテープを広げてみるとセッティングテープだけでは短そうなので1mほどロープを追加。そしてティエラを張る。

結果はタープとテントの間に隙間が適当に出来、丁度いい。
しかしペグダウンした距離は10mを越えてしまっているようだ。
そこでセッティングテープが付いたポールを1本を外しみる。タープの1カ所が垂れ下がるが安定しており、スターウィング2に近い状態になる。この件に関しては後程是非改造したい。
改造がうまくいけば設営場所の全長で2〜3mの節約になり、設営も楽になる。
どちらにしても予想通りで満足、色も同色のため一体感がある。

tはまだ遊びたそうだが何しろ暑い。特に私は動き続けていたため暑い、tを説得し本日は終了。

後日、改造が終わったらキャンプ用品で紹介します。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.