このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  このフレームのみを表示する。
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  岩舟砂防緑地 2005年6月26日(日) 

場所:岩舟砂防緑地
天気:薄曇り
AM10:30〜PM4:00
メンバー:K君 m t 私

きょうは人数も少なく天気もよくわからないので近くのスーパーで待ち合わせ、買い物して岩舟砂防緑地に向かう。着いてみると雑草が伸び放題になっておりいつもと様子が違う、以前6月20日に来ているが一面の草は刈られていた。
比較的草が茂っていない所を選びテーブルやイスをセットする。
炭に火を付け、食材を切ったり準備をするがすぐに終了、まだ11時だが早めに食べ始める。
今のところ他に人影はなく久しぶりに静かな1日になりそうだ。

大人3人は早く食べるのものんびり出来て歓迎だが、tはお腹が減っていないため遊びたくて落ち着かない。少し食べては走り回っている。

少し落ち着いて食べている頃、数メートル離れた桜の木に小鳥がやってきた。普段あまり見慣れないがキツツキの仲間だとすぐに判る姿勢で木に止まり虫を食べているのか桜の腐ったところを突っついている。後から図鑑で調べると“コゲラ”らしい。

キャンプ場でコゲラより大きなキツツキのドラミングの音はよく聞くが、こんな至近距離でキツツキの仲間を見るのは初めだ。3〜4mまで近づいたためか、逆光のため使ったストロボに驚いたのか、この写真を撮った直後、逃げてしまった。

その後も大人は食べ続け、tは虫捕り、水鉄砲。
昼頃、家族連れが2組増え、tは同い年の子と一緒に虫捕り、アゲハは無理でもモンシロチョウやモンキチョウは子供達にも捕ることが出来、大騒ぎだ。

私も少しは相手をしてやらねばと、いつもの水路はほとんど濡れている程度しか水が流れていないので少し上流の細い水路に行くと、アメンボウがいっぱい。

写真右上が狭い水槽に入れられ明るい方に向かって一斉に泳ぐアメンボウです。

少々蒸し暑い日でしたが、久しぶりに静かに過ごせた1日でした。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.