このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  ちびストーブ 2005年1月9日(日) 
お正月に私がうっかりカイトを飛ばしてしまったので今日はカイトとお弁当を買ってから長良川の河原に行く。
そして12月から1ヶ月ほど試す機会がなかった“ちびストーブ”を試す目的もある。
河原に着くといつもの芝生広場は凧揚げ大会らしく人がいっぱいなので手前の河原でストーブを組立火を付け取りあえずお昼ご飯。

火を付ける間もカイトを上げたくて我慢できないtにカイトを出してやり、昼食の準備。しかし、風が強い。
ストーブに松ぼっくりを入れ上に薪を乗せる。バーナーで20〜30秒で簡単に火がつく。煙突のおかげで燃焼効率がよさそうだ。

ストーブの横にテーブルを置きお弁当を食べるが風上にテーブルを置いたため寒い。テーブルは風下に置くべきだったようで風下に座ると暖かい。

焚き火に比べ、直接の火ではないので暖かさは劣るが、仮にこの風で焚き火なら焚き火そのものが出来ないかもしれない。その点ストーブは火の粉が飛ぶこともなく安心できるし、薪が爆ぜて飛ぶこともないので近くに寄ることができる。また、身体が燻し臭くなることもなかった。そして上でお湯を常時沸かせるなど便利だ。
風がなければもっと暖かいだろうし、ストーブを囲んで鍋等をしたらきっと楽しいだろうと思う。

今日はカイトが一部破けるほど風が強いため、ストーブの近くにいないと寒いが、食事後ストーブから熾きを少し出してお餅を焼いた。草餅、小豆餅等、田舎からもらった手作りの餅が美味しかった。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.