このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  あぶ凧 カイト 2004年1月25日(日) 

場所:長良川公園
天気:晴

去年の暮れ、あぶ凧を手に入れた。
30数年前、小学生のころ父親が買って来て凧あげした凧とまったく同じ形、色、懐かしい凧だ。
あぶ凧の話題を雑誌で見て懐かしくなり探してみると岐阜市内の竹細工のお店に置いてあった。
あぶ凧とは海辺の一定した風ではなく不安定な風、たとえば伊吹下ろしのような不安定な風の地方で遊ばれていた凧らしく形や色にかなりのバリエーションがあるらしい。
写真の凧が本来何処の地方で作られた始めた形か私は知らないが純粋な美濃地方のあぶ凧とは少し違うらしい。もともとあぶ凧と言う名前は竹を横に張り出させ、風で唸るようにしたことから付いた名前らしい。この凧にはそんな竹の棒は付いていない。

そんな事はともかく、懐かしい、数日前家の前の公園で試しにあげてみたがなかなか難しい、tにはカイトを買い、長良の公園に出かけた。

カイトは予想通り簡単で風がなくならない限り落ちてこない。
あぶ凧は風が強くなり過ぎると回転して落ちてしまうので風の強さに合わせ糸を伸ばしたり引いたりしないと上手くあがらない。
凧は上がって行く感触、カイトは風に向かって飛ぶと言った感じ、かなり違いがある。
どちらも公園で人の上に落ちるといけないので神経を使う、それでもなれて来るとかなり楽しめた。

tはmと一緒にカイトをあげたが2〜30分で飽きたようでキックスケーターに変更。
その後私はカイトで太陽が沈むまで楽しませてもらった。
(写真左:あぶ凧 写真中:夕日をバックにカイトをあげるm 写真右:夕日を反射しているカイト)


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.