このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  忘年会 2003年12月14日(日) 

場所:岩舟緑地 
天気:晴 時々曇 
AM11:00〜PM5:30
メンバー:K君 N君 Nmさん 私 m t

今回の忘年会はみなさん忙しそうで出席人数が少ないがやはり忘年会はないと寂しいので行うことにした。

10時半ころ岩舟緑地に着くと駐車場は車がいやに多い、ここは山歩きの人たちが多いのでそんな人たちの車だろう。

取りあえずみんなが到着する前にティエラを張る、インナーはなしでシェルターとして使う。
日が陰ったり風が吹くと寒いので夕方は外では寒いだろう。

みんながそろったところでティエラの中にテーブルや椅子をセット、焚き火に火を付け女性は鍋に入れる野菜等の準備、バーナーでお湯を沸かし食べやすく切ったずわい蟹を入れる。甲羅の部分を取りだし鍋が出来るまでつまみにする、もっとも相変わらずアルコールはなしだが。
出汁を入れキノコ類、白菜、蛤、エビの練り物、鰯の練り物を入れ醤油で味付け、完成。
2杯目のお代わりでは先に入れ忘れたマロニーを入れたが春菊を入れ忘れたのを食べ終わってから気が付いた。

今回鍋が小さかったため雑炊を作るスープがなくなってしまい新たに作る。
幸い白菜とカニは残してあったのでご飯と最後に卵を入れたが完全に沸騰していなかったため白菜は固め、卵はスープ状、正直なtにまずいと言われてしまった。
しかし雑炊を作りながら炭火で焼いたシシャモは美味しかった。

早々に食べ終わったtは外で遊びたがるがみんなが食べ終わるまで引き留め粘土で遊ばせる。
今回もNmさんにはたっぷり遊んでもらった。Nmさんの作ったゆで卵は本物にそっくりで美味しそうだった。

午前中一杯だった車の主は山から下りて来てしばらく騒がしかったがみなさん帰ってしまい見渡す限り私たちのグループだけで気持ちがいい。
ここは芝生広場に比べ静かでいいが夏は桜に毛虫がいて使えないのが残念だ。

食事も一段落しtはN君やNmさんに遊んでもらっている。私とmはデザートの焼きりんご(?)を作る。丸ごとではなくmが皮を剥き薄く切って私がバターをたっぷり入れた鉄鍋に並べる。砂糖とシナモンパウダーを少しふりかけバターを乗せる。りんご6個分それを繰り返し最後にたっぷりシナモンを振りかける。りんごが多く蓋が閉まらなかったが無理矢理蓋を押しつけ炭火に乗せる。蓋の上にも炭を乗せしばらくそのまま。しばらくすると蓋が閉まるようになり隙間から湯気が勢いよく出て良い匂いがする。時々中の様子を見ると焼いているというより煮ている状態、でも美味しそう。N君は甘い匂いが漂いだした頃から目が輝いている。

焼きりんごが出来るのを待つ間、私はシシャモとソーセイジを焼き、みんなはマシュマロを焼き、交互に食べている。炭火で焼きたてのシシャモとソーセイジはほんとに美味しい。もちろんマシュマロも美味しいが今回はtが寝ているキャンプの夜ではないので焼いて溶ける前に食べてしまいなくなるのが早い。

ここは山間なので太陽が隠れるのが早く3時過ぎにはすでに夕方気分、ゆっくりコーヒー等を準備するのは省略し、焼きりんごを食べる。煮ているようだった水分も適度に蒸発し甘酸っぱくて美味しかった。

食べ終わると山の上の方には日があたっているがここはすぐにも薄暗くなりそうな気配、冬のアウトドアは夏と比べ急かされる。

夕暮れの中片付けるが結局いつものように真っ暗、今年最後の集まりも終了しました。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.