このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  チキンの燻製 2002年12月23日 
毎年12月23日はチキンの燻製作り、これで4年目になるが、去年までは燻煙材料に欅の落ち葉を使いローストと燻煙を同時に済ませていたのだが煙が多く、出来上がりも黒っぽくなるので今年は作り方を変えることにした。

丸ごとのチキンに塩をすり込む、30分ほど置いてから水で洗い、たっぷりの炭に火をつけた薫製機に入れる。
この段階は燻煙材を入れず、2時間程かけてローストする。
普通のローストより低温でじっくり時間をかける、その後燻煙材(おがくずをスティック状に固めた市販の物、今回は以前に買った残りがあったので“くるみ”を使用)を炭の中に入れ2時間ほど燻煙をした。普通のローストより低温で、燻煙としては高めの温度で作ったわけだ。

去年までの方法では色が黒くなることと、皮が少々苦くなることを除けば非常においしかった。時間をかけているので油がすっかり落ちて燻製の香りもしっかりする、そして燻煙材は公園の落ち葉なので無料。今年は色がすごく綺麗だが、燻煙材は有料。

味は24日夜までお楽しみ、結果はまた報告します。

24日夜
結果はすごく美味しくいただきました、去年までの方法に比べ、燻煙の薫りや味は少し控えめですが柔らかく苦みも全くなく美味しかったです、ただし薄味なので好みで塩をつけて置く時間をのばした方がいいかもしれません。

メリークリスマス!


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.