このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  ツインランタンクラシック(IP−200LA) 2002年7月28日(日) 
1回目のキャンプは友人のランタンと私ので2つのランタンを使い、2回目は電源付きサイトで100Vのライト使用、3回目はクリプトン電球のランタンをテーブルの横にパイルドライバーを使い吊すと下向きに照らすので陰が出なくていいが暗い、そこでテーブル用の照明をどうするか迷っていた、蛍光灯ランタンは色が味気ない、スノーピークのギガパワーランタン ”天”はテーブルに置くには小さくて道具として魅力があるが、吊ることができない、子供が小さいから手の届かないところに下げたい。
そこで候補に上がったのがコールマンのコンパクトランタンIIとIWATANI-PRIMUS ツインランタンクラシック(IP-200LA)。ツインランタンは定価9,800円、いくらで買えるか見るためアウトドア用品店に行くと普通の展示品の中にはなく、在庫処分のワゴンの中に1つあった、聞いてみると製造中止で最後の1つ、展示品だそうだ。IWATANI-PRIMUSのホームページには載っているが今年のカタログにはないそうだ。
コンパクトランタンを含め普通のランタンは当然下に陰ができる、ツインランタンは2つの燃焼部分(ホヤ)が2つあるのでたぶん陰が柔らかく出ると予想できる。
燃料費を考えるとガソリン使用のコンパクトランタンが良いわけだが、ツインランタンの雰囲気は捨てがたい、その上製造中止で在庫が1つ、迷わず買ってしまった。
きょうは店頭で値引き券も配られていて定価の半額強で手に入れることができた。
ついでに普段値引きのないソリッドステーク40を5本、30を8本を追加した。

自宅に帰りツインランタンに火をつけるとオレンジ色の落ち着いた色で予想通り下にでる陰も柔らかい、火を最小に絞ってくつろぐにも良さそうで使うのが楽しみだ。

追記:その後キャンプの度に使用しているが益々気に入ってしまい、IP−100LAがほしくなる。ヤフーのオークションで手ごろな値段、即決で出ているのを発見購入した。火を入れるのは惜しいが実際に使うのが信条、手に入れたその日に点火した。 用品


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.