このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  N君・Nmさん I君・Iyさん 結婚祝い 2002年6月9日(日) 

場所:長良川 芝生広場  
AM11:00〜PM6:30
メンバー:N君Nmさん I君Iyさん K君 T君 Mさん Kaさん 私 m t

今日は N君Nmさん I君Iyさん 2組の結婚祝い、おめでとうございます。 I君にとってはこの会へのデビューだが私たち家族にとって会うのは3回目なので初めての出席とは思えない。

mは土曜日の朝からスポンジケーキを焼き、夜tが寝てから生クリーム等で飾り付け。数年前私たちが籍を入れた日(結婚式は少し後だった)NmさんとIyさんの手作りケーキでK君も含めお祝いしてもらった、スポーツクラブのロビーでをケーキカットし少し恥ずかしかったが嬉しかった、mはそれが忘れられないようで今回はその恩返しだ。
スポンジケーキを焼いたのはまだ3回目で少し膨らみが悪く不満らしいが何とか許容限度、生クリームも外に持ち出すので少し堅めにし綺麗に塗るのが難しそう、スポンジケーキの間に桃の缶詰を挟み、上にはチョコでメッセージやイニシャル、バラのお菓子等で飾り完成。箱に入れるのを手伝い、夜中に終了。

当日朝1番で注文してあった鯛(鯛飯用)を取りに行き、早めに来てもらっているK君と現地で合流。

きょうは風が強くタープを張る向きを考えなくてはいけないが西日を考えると風向きは無視、サブポールのロープを増やし、真ん中にもロープを張り補強、ところが4本のポールは昔から使っていた伸縮自在の物、強い風が吹くと耐えきれず縮んでしまう、強く締め直しなんとかなったがやっぱりスノーピークのポールを買う必要がありそう、買うときはメインポールと同じ構造の継ぎ足すタイプにしよう。

タープを張り、テーブルや椅子を出し終わりメンバーも全員集まったので最初にケーキでお祝い、4人でケーキカットをしてもらう、お皿を洗うのは面倒なので小さめにカットし手づかみで食べる、tは「手で食べていいの?」と少し不思議そう。
I君IyさんカップルのI君は今回初めての参加で何も追求はなしだが、Iyさんは今までI君を同伴しなかったことは有罪。そして、N君Nmさんカップルは結婚するまで隠していた訳で、釈明してもらわなくては、IyさんもN君Nmさんカップルのことを内緒にすることに協力していたので同罪、色々追求するとN君からさそったことだけは判明、Nmさんはばれなかったことが本当に楽しかったようだ。きょうはこれくらいにして後々しつこく追求して行くこととする。

そろそろ今日のメインである鯛飯の準備を始める、mがお米をとぎ、人参と椎茸をMさんKaさんに切ってもらう、その間、鯛に串を刺し、塩をして炭火で焼く、40cm程の鯛なので焼くのも大変。
お米に人参と椎茸を混ぜ薄口醤油で味付け、お米の上に昆布をたっぷり敷き焼いた鯛をのせ、お酒をかける、完全に焼いてはいないがこれから炊くからいいだろう。
何しろ鯛飯を作るのは初めてで作り方も適当、食べられないとみんなが飢えるけど何とかなると、これまた適当。
ご飯を炊くのに蓋を開けすぎるとmに言われながらもたびたび覗く、そろそろ炊きあがりに近い頃、昆布の上に水分が溜まっている、急いで昆布を取り出すことに、昆布をすき間なく敷きすぎたようだ。
炊きあがったようなので(確信はない)鯛を取りだし、みんなに身をほぐしてもらう、その間に3cm程に刻んだ三つ葉をご飯に混ぜ蒸らす、ほぐした鯛の身を混ぜできあがり、鍋の底に少しお焦げができ、たぶん最適な炊きあがり、丼に盛り、味見もしないでみんなに回す、たとえ味がどうであれ今更遅い、私の予想ではちょうどいいか薄味、薄すぎる人は塩を少しかければいいと思う。

取りあえずみなさんの評判はよさそう(まずいとは言えないが)、アルミの薄い大鍋のうえ、薪で焚いているので火加減が難しい、その割にご飯ももっちりして私自身も満足、欲を言うと鯛の身が思ったより柔らかいのでもう少ししっかり焼いた方がよさそうだが、堅くなり過ぎるよりはいい、お祝い料理として見た目も満足してもらえたと思う。

この会ではいつもそうだがtはシャボン玉や粘土遊びの相手をみんなにしてもらっている、火を焚いている所に来ると危ないのでありがたい。
早く遊び相手が生まれるといいがアウトドアで遊べる頃にtは小学生になってるかな。

しばらく休憩し次はバーベキュー、私は準備をすべてパスし、T君がメインで担当、焼けた頃ゆっくり食べさせて頂きました。
mから一言、T君が準備する姿は板についていて格好いいそうだ。

最初にご飯を食べたせいか、歳のせいか、少な目に用意したバーベキューの材料が半分近く余っている、この上蕎麦は食べられるのか心配だったがあっさりした物は大丈夫らしい。
今日は十割蕎麦を用意したので味が楽しみだ、水のないところでの蕎麦は大変だがなんと言っても Iyさんのリクエスト、今日は私とK君のポリタン4本で80リットルの水を用意し、まだ40リットルあるので何とかなるだろう。
蕎麦を茹で水でよく洗い、最後に氷で冷やす、梅を干す大きなザルに盛り刻み海苔をかけ完成、11人で群がりあっという間になくなった、もう少し多くてもよかったかな。


そう言えば今回からのルール、6月1日から飲酒運転・飲酒事故に関しての道路交通法が改正された機会に、この会ではアルコール類を用意するのをやめました、元々飲む人は少なく飲んでもたいした量ではなかったのですが、実質の幹事である私とK君(メンバー中で1番飲む人)で相談し個人的に持参して飲む以外は用意しない事にしました、結局今回のバーベキューでは運転する人は6人ですが全員アルコールは飲みませんでした。飲酒運転はしないのが当然ですが暑い時期のバーベキューでビールを飲まないのはみなさんの協力が必要で自慢してもいいのではないかと思います。
この会のメンバーは全員ダイバーで、ダイビングではアルコール類を飲まないのが普通です、そんな下地があることもありますが、ご協力いただいたみなさんには感謝します。


料理もすべて終了し、タープの西側を下げ日を遮る、みんなタープの下で思い思いに休憩、I君・Iyさんは1つのコットの上で仲がいい。tは蕎麦に使った氷で手を冷やしみんなに触って歩いて喜んでいる、あげくは氷で悪戯、私も便乗させてもらいました。

適当にのんびりした後、片づけ終わると6時半、西日も当たらなくなり帰るのが惜しいくらい気持ちいい。次回は夕方から始めようと提案して今日は終了しました。

写真内の顔はご本人に許可を得ておりませんのでぼかしました。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.