このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。  日記部分のみを表示する。
 
  こちらは私のアウトドアでの私的な日記です、よろしければご覧ください


  ラジコンカー 2002年3月17日(日) 
きょうは息子T(3才)の誕生日にプレゼントしたラジコンの自動車を走らせに長良川の芝生広場へ。
このまま狭い部屋の中で遊ばれては走ってはぶつかる繰り返しで部屋中キズだらけになってしまう、お弁当を持って芝生広場へ行くことにした。ニッカド電池が2セットあるのでご飯前とご飯後で何とか満足してくれるだろう。
部屋の中では狭いためもありスピードがかなりでてコントロールできないでいる、リモコンを左右の親指で前進後進と曲がるのを同時にコントロールするのもまだ難しいようだ、広いところでどうなるやら。

長良川の堤防には一部早い桜が咲き風もなく温かいというより陽射しは暑いくらいだ。

Tは芝生広場に着くなりもう我慢ができないので、テーブルや椅子は後にして、すぐに遊ぶことに、ところが驚いたことに、部屋ではできなかった左右の手のコントロールができている、芝生で畳に比べスピードが出ないのと広くてぶつからないので余裕があるようだ。まだ3才になりたてのくせに目つきは一人前に?少年の目をしている。親バカの私とMは感激して顔を見合わせる。(^^;

どうやって教えるか考えていた私の出番はなくなりTをMにまかせてテーブルや椅子のセッティングを。ラジコンは心配ないが、犬を放している人が多いのでTは勿論、ラジコンもあまり遠くに走らせると危ない、動いている小さな自動車は犬から見れば格好の遊び相手になりかねない。

1セット目の電池がなくなりTも少し満足したようなのでお弁当を食べることに。
Mお手製のサンドイッチや果物を食べ、これもまたお手製のクッキーとコーヒーを飲みながら2セット目の電池に。ラジコンだと椅子に座ったままいつもより楽してTの相手ができる、時々犬が近くに来るとテーブルの下に隠れてラジコンを操作している。
ほんとうは女の子のおもちゃで遊んでみたいMだがTからラジコンを借りて少し走らせている、Tよりぎこちない、私とTはおもちゃの趣味が一致(^^;するのでMは少し羨ましいようだ。

そろそろ電池もなくなるし、私たちものんびりできたのでスノーピークの新しいカタログを買いに楽山荘に、できれば去年のキャンプで買うことにしたタープを注文したい。


このフレームのみが表示されている場合はこちらからご覧下さい。
Copyright© 2002-2014, STUDIO ADIA. All Rights Reserved.