防災とキャンプ用品 〔私的な考察〕 ◆暖房と暖房器具
  blog
私のブログです。

私のアウトドア日記です。

こちらが初めてで、トップページをご覧頂いていない方は、ぜひトップページからご覧下さい。

ご意見・ご質問は下記のメールにお出し下さい。
サイト管理者:ADIA sasaki@s-adia.com

暖房と暖房器具
一般 灯油、カッセットガス
灯油はあっても電源がいるファンヒーターでは使えません。対流式等の自然燃焼型の灯油ストーブが必要です。カセットガスを使うにはカセットコンロやカセットガス用ストーブが必要です。
キャンプをする人 キャンプをしている場合、キャンプで使用する火器は全て使えます。ガス、ガソリン、炭、灯油、アルコール等、それぞれの使用器具に合わせて買い置きを増やすといいと思いますが、あまり量が多いとそれ自体が危険です。
安全にストックするなら炭がいいと思います。そして室内なら小さくても火鉢と灰、外ならバーベキューコンロや焚き火台で使えます。大きな火鉢は邪魔になるでしょうから小さな火鉢が1つあるといいと思います。火鉢でお湯を沸かす程度なら出来るでしょう。炭なら灯油のように古くなることもありません、ガソリンのように漏れだして引火することもありません。濡れても乾けば使えます。
しかし、炭をメインに考えた暖房は、部屋全体を温めた生活に慣れた私たちにとって、とても満足できるものではないと思います。小さな火鉢に炭が入っているだけでは部屋全体が温まるには時間がかかります。換気も必要です。でも、短期間暖かく過ごすより、長期間凍えないで過ごすことが必要な場合もあると思います。
炭を使う場合、ガスコンロ(普段使う家庭用)やガスバーナー(トーチ)がなくても炭を熾す方法を用意しておくことが必要です。
ガスを使用したキャンプ用のワンバーナーやツーバーナー、家庭用カセットコンロでの炭熾しは厳禁です、ガスボンベが熱くなり爆発するかもしれません。(火を付ける方法は後程)

注意:炭を買う場合粗悪品に注意しましょう。まとめて買い置く場合1個使ってみてからにする方がいいです。また、備長炭は火を付けるのが大変なので、もし使う場合は普通の炭が熾ってから使用した方が良いと思います。
私の場合 私の場合は、炭を5kgの箱で10個ストックしています。炭用に手火鉢が2つ。
他にカセットガス30本ほど、ツーバーナー用のガス10本ほど、ランタンとヒーター用のガス数本。豆炭コタツ(通販でも買えます)の豆炭が十数kg。
そして室内では使えませんがちびストーブ用の薪がかなりの量。
寒い時期のキャンプでは湯たんぽを使っています。3個あります。湯たんぽは貴重な水を使いますが何度でも沸かせて、いざとなれば飲むこともできます。もちろん雨水でもそのまま使えます。
自然燃焼型のストーブは息子が小さな時、停電に備えて買いましたが箱から出すこともなく眠っています。灯油はそれほど買い置きしていませんが少しは使えます。
電気の来ていない室内で、暖かく過ごすには自然燃焼型の灯油ストーブと寝るときは湯たんぽ。テントで安全に暖かく過ごすには、たぶん豆炭コタツ(要換気)と眠るときは湯たんぽだと思います。
豆炭一袋12kgを備蓄すると、豆炭1個が約60gで約200個、夕方豆炭コタツに火を入れ朝まで使えたとして、1日当たり9個で22日も使えます。(豆炭コタツは空気の調節で暖かさが変えられ、豆炭の数を少なくしたり多くできます。私の使っている豆炭コタツは最大12個まで入れられます。)
締め切ったテント内で寝る以上、豆炭あんかは一酸化炭素が発生するので危険だと思った方が良いと思います。キャンプでも豆炭コタツの火床は寝る時外に出しています。
室内での豆炭(コタツ以外)や練炭はお勧めできません。一酸化炭素の発生が多く、匂いが強いからです。 卓上用バーベキューコンロも使えますが炭に火を付けるとき安定するまでは火が飛びますので炭が熾り安定するまでは危険です。

カセットガスは安くて何処にでも売っていて手に入りやすいですがアウトドア用品で使える器具は限られています。
しかし、カセットガスを他のガス器具のボンベに移し替える方法があります。ガスを移し替える行為は大なり小なり危険が伴います。法的な問題は私には判りませんが、器具が製造され販売しているのですから商品その物に問題ないのでしょう。詰め替える行為に問題はないのでしょうか? 疑問はありますが災害時すごく役に立つことも確かだと思いあえてここでそのような商品があることに触れました。
この詰め替えることを普段のアウトドアでするか、災害時の緊急用と考えるかはあなた自身でお考え下さい。法的なこともご自身でお調べ下さい。古いガス缶が錆びていたり、詰めすぎたり、正しく使わないと事故につながることを忘れないで自己責任でご判断下さい。その上で興味がある方はメールでお問い合せ下さい。製造販売サイトをお教えします。

    
質問を頂きました 湯たんぽのお湯を何度も暖めるってのは?
そのつど鍋かなんかに移し変えて暖めるんですよね?
ですよね?(^^;;

失礼しました、書き忘れましたがブリキの湯たんぽをお勧めします。
水を入れ、蓋を開けたまま火にかけます。
冷めたら、蓋を開け、また火にかけます。
お湯の温度は素手で触るとかなり熱い程度にしていますが、お好みで。
低温火傷に注意して下さい。

炭って使い終わった後はどうするのですか?
いつまでも熱いしくすぶるし、水をかけて消すのは良くないと聞いた様な気がする
んですけど・・・

被災状態で使うなら消すとき濡らさないでください。
焼き物の消し壺がいいですが、なければ空き缶に入れても消えます。
ただし、熱くなるので注意して下さい。
バーベキュー等で油などが落ちなければくすぶりません。
火鉢で使うなら灰をかければ火力が落ち、灰から出せばまた熾ります。
どうしても緊急で消す場合は、水をかけるのではなく、バケツ等の水に中に入れます。
たっぷり濡らした新聞紙に乗せ、もう一度水をかけて消し、くるみます。
商品の
ご紹介
小川キャンパル ちびストーブ
小川キャンパル ちびストーブ

上の写真のように私も使っています。風が少々あっても使えます。焚き火と違って、薪が爆ぜたり煙が出ても大丈夫。快適ですよ。
スノーピーク 焚火台 L
スノーピーク 焚火台 L

私が新たに焚き火台を買うなら迷わずこれにします。サイズが3種類ありこれは一番大きいLですが、キャンプでも災害時でも家族で囲み、灰の始末を頻繁にしなくていいので、大きい方がいいです。薪がなくても炭で使えますし、たためば平らになるので収納も楽です。付属品も色々販売されています。
そんなにいいのに何故持っていないのかって? 古いバーベキューコンロ等、焚き火台の代わりになるもがいくつかあって、買いたくても買えないのです。


下記の商品は基本的には野外専用ヒーターです。緊急時室内で使うこともあると思い紹介していますが、転倒、立ち消え不完全燃焼に対する安全装置は搭載していない商品がほとんどです。自己責任でお使い下さい。
武井バーナー 501Aセット
武井バーナー 501Aセット

灯油使用で連続燃焼時間約10時間、バーナー本体/ヒーターのセット。理屈ではありません、欲しいです。
武井バーナー 301Aセット
武井バーナー301Aセット

灯油使用で連続燃焼時間約5時間、バーナー本体/ヒーターのセット。上の10時間燃焼を選ぶか、こちらのコンパクトさを選ぶか、、、。
イワタニ産業 カセット暖CB−8
イワタニ産業 カセット暖CB−8

私は使っていませんが、カセットガスが使えていいですね。
売っているとつい立ち止まってしまいます。
イワタニ産業 ジュニアヒーター
イワタニ産業 ジュニアヒーター

カセットガスが使えて、軽そうでいいです。
UNIFLAME(ユニフレーム) コンパクトパワーヒーター・UH−C
UNIFLAME(ユニフレーム) コンパクトパワーヒーター
UH−C

こちらもカセットガスが使えてコンパクト。
それに新システムで−30度でも使えるらしいですよ。しかし、燃焼部分が下なので室内では使えないですね。
UNIFLAME(ユニフレーム) ヒーターワーム 2<br><ガスカートリッジ2本付>
UNIFLAME(ユニフレーム) ヒーターワーム 2 <ガスカートリッジ2本付>

大きさはありますが、カセットガスが2本入ります。
携帯するのでなければ、大きい方が倒したりしなくていいかもしれませんね。
マルカ チタン湯たんぽ
マルカ チタン湯たんぽ

すごいですね、こんな湯たんぽがあるんですね。チタン製です。
でも私には買えません。
私はブリキの湯たんぽを使った後、蓋を開けたままにして乾かしますが、これなら錆びる心配はないですね。でも湯たんぽとしてはすごく高いです。
マルカ 純銅製湯たんぽ(袋付き)
マルカ 純銅製湯たんぽ(袋付き)

こちらは純銅製、これも私には買えません。
私のはホームセンターで売っているブリキ製です。
イワタニ産業 カセットガストーチバーナー
イワタニ産業 カセットガストーチバーナー

色々なメーカーから販売されていますが、私の経験では圧電ボタンがこの位置にあるものが一番使いやすいです。色々使いましたが、寒いと着火しにくかったり、案外早く壊れたり、少々高くてもやはり信頼できるメーカーの物がいいですね。

お断り
このホームページではアウトドア用品をご紹介する場面が数多くあります。
私が使っているものは、素直に感想を書きます。
しかし、私個人が所有するものは僅かで他に数え切れない物が溢れています。
その中でも気になる物、使ってみたい物、使ったら良さそうだと想像するものを商品ページとリンクすることでご紹介したいと思います。
リンクのすべてがそうではありませんが、ナチュラムのアフィリエイトを利用しております。
アフィリエイトは買っていただいた場合、私の利益になりますが、ぜひ買って下さいといった意味ではありません。こちらを見ていただいた方に、捜すことなく欲しい物の情報が得られることに重点を置いています。
注文しない限り金はかかりません。もし購入した場合、普通の購入代金や送料をナチュラムにお支払いいただくのみで、このサイト“防災とキャンプ用品”への支払いは一切発生しません。また、どなたが購入されたかなどの情報はこちらには一切判りません。お気軽にご利用下さい。そしてご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
前ページへ 次ページへ  このページのトップへ
トップページ
更新 05.12.21 
飲料水
更新 05.11.13 
生活用水
更新 05.11.15 
暖房と暖房器具
更新 05.11.15 
煮炊き
更新 05.11.13 
食料
更新 05.11.17 
薪や炭に火を付ける
更新 05.11.19 
テントとペグ
更新 06.1.3 
マット類
更新 06.1.17 
シュラフ
更新 06.1.19 
照明器具
更新 05.11.21 
番外〔持ち出し袋〕
更新 06.2.20 
番外〔トイレ〕
NEW 06.3.6 
番外〔避難はしご〕
NEW 06.5.10 
番外〔バックアップ〕



防災特集

Copyright© 2005-2007, ADIA. All Rights Reserved.